3ちゃんねる★スマホ版★■掲示板に戻る■全部1-最新50

ギャオス・・・・

↑前のレスを取得
1 :
神夏 純一郎
2022/09/21(水) 02:45:47 ID:jpiCOft0 通報
シンギュラリティな米国論の行末・・・01

 世界は、リーマンショック後、金融市場でのデリバテイブ取引に関する規制が強化が
され、当然日本も同じだった。実は我々の日産のゴーン会長の投資株による退職金積金
が無税になっていた。なんていう事件で、法外なデリバテイブ投資に対して厳格な対応
が世界中に駆け巡った。その裏側には1つの事件の教訓からだ。それはLCTM事件だ
。ノーベル経済学賞を受賞した学者らが、高度な計算に基づいて、多額の利益のでる様
な運用に携わっていた。その意味で、ヘッジファンドLTCM(ロングターム・キャピタル
・マネジメント)は、そう言う意味で銀行の銀行と化した保険運用に似ていた。内情は
ロシア国債などへの高利投資を、安全と思われた巨大国家に、高レバレッジで取引を行
っていた事が解っている。ところがそれは突然に起こった。「アジア通貨危機」である
。通貨危機そのものは、原因は他にあったが、その際に起きた付随の事象が、大きく、
彼らの先物相場を損失に追いやったのだ。それが原油価格の急落である。1998年6月の
米WTI原油先物価格は1バレル=11ドル台だった。しかし、経済が、急激に悪化した
ロシアで、財政危機が勃発した。マージン・コールに耐えられなかったLTCMは破綻し、
最終的には、金融危機を恐れた米国政府が救済に乗り出す事態となった。電力会社等が
、天然ガスの先物取引から発生した先物損失が原因で破綻した。例として、米エンロン
(2001年)が有名だ。相場を読み違えたエンロンは粉飾決算を重ねるなどの延命策を講
じたものの、マージン・コールの嵐の下で勝てなかった。エンロンの破綻時の負債総額
は400億ドルを超え、米国経済を揺るがす事態になりかけた。これが一応 おおきくなる
直前に破綻しアメリカが救済し事なきを得た形となった。ここでマージンコールという
追加拠託金であるが、よく「追い証」と呼ばれる。通常、信用取引や先物・オプション
取引、外国為替証拠金取引、CFD取引などにおいて、預かり補償として、代理権者の
市場なりに委託証拠金の提出なり差し入れが行われて営業される。しかし総額が、相場
の変動等によって必要額より不足してしまった場合や損失に、追加しなければならない
様に証拠金がでる。つまり、双方の信用に係る保険金の様なものだ。
4 :
神夏 純一郎(主)
シンギュラリティな米国論の行末・・・04

 合併を促してはいけない。「独立を促していない。それは台湾の人が決める事だ。」
 歴史を知らん無様なバイデンであった。かつて正統政府国民党政府を見限って、ソ連
に同調し、国連の席を譲らせたのは、米国ではないか。その償いをせよ。更にこの国民
党政府は中華民国の亡命政府であり、単に大陸民が同化して、中華民国を乗っ取ってい
るに過ぎない。すなわち、ヘタレの米国がソ連のスパイから核開発成功にビビらなかっ
たら、台湾の中華民国政府は国連から省かれる事は無く、中国国内に満州国政府と国民
党政府更に共産党と4つの政府がちゃんと存在してたであろう。だからこそ、最初から
「世界には、一つの中国しかなく、台湾は中国の一部であり、中華人民共和国政府は、
中国の唯一の合法的な政府だ」と、暴力テロ政府は言っているのである。又合意と言う
のは中華人民共和国政府が中国である事を認める。という事であり、台湾政府を認めな
いと言う合意ではない。良く共同コミュニュケが言われるが、「中国は一つで、台湾は
中国の一部である」などとする中国の立場について、米国は認知している。という事で
「異論を唱えない」とは言ってはいない。更にそれは表明であり、条約でも協定でも、
無い物だ。一方で香港の一国二制度の英中の条約については、軍幹部すら、歴史的な紙
きれに過ぎないとしている。なんと二枚舌の中国外交か。だが、基本的には、米国が、
19世紀から起こしていた、ワォーリズム、つまり戦争背定論の最終結果の為起こった
第二次世界大戦の禍根である。そもそもが、白人優位思想、白豪主義による、赤化南下
の食い止めに苦心して日英同盟を講じたのに、中国大陸の植民地化に目がくらみ、日本
の努力を無にした日米開戦に陥れた罪が、そこにあるのだから仕方ない。いくら日本が
説明しても、米国は呑気に安倍政権時代まで信じなかったし、日本の原爆展はべトナム
の写真展より遅く、平成時代にやっと解禁された。人種差別もお花畑の日本人は大阪の
万博時代まで、停留所すら黒人と白人と分かれ、洗面所もトイレもバスも学校も店も、
そうした分離社会と知らずにいて ビートルズのジョンレノンやボブ・ディランの歌で
、やっと知らされるのである。いわば現代の労働革命歌である。
5 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/21(水) 02:49:45.04 ID:jpiCOft0 通報
シンギュラリティな米国論の行末・・・05

 老獪なる米国側も、言葉を知っているようで、わざと知らないフリの政府なのです。
ロシアVSウクライナと同じであり、その果てにあるのは武力行使しかない。そう中国が
思ってるのは解って居る。ただ、ロシアほど武力行使信奉者ではない、というだけで、
時間はかかるかも知れませんが、最終的に香港の二の舞なのは間違いありません。実績
のある方法なだけに、必ず、都市武力制圧は仕掛けて来るでしょう。ここで重要なのは
、台湾の防衛もそうですが、米国の西側経済圏の一部に、極東や東アジアを中国の意思
で、今のミャンマーやタイのごとくに、華僑軍団に荒らされることを阻止することだ。
一度、泣きを入れて国交正常化したにも関わらず、再び敵対した中国に「落とし前」を
チャンと付けさせることが重要になる。具体的には、中国と絶交し、中華人民を大量に
間引いた上で、敗走させ、現政権に全責任を取らせることです。ロシアの二の舞での、
戦争もあり得るシナリオかもしれない。既得権益での「こいつら、全く使えない」と、
見限らせる作戦も重要であろう。…どの道。ウクライナとロシアが、あのザマなのであ
って、中国と言えども簡単に武力行使は出来ないが、雇用兵を始め軍人は鼻息が荒い。
食糧に於いて、世界へ供給できる麦は激減している。米食文化圏は米「だけ」食べてい
る訳でなく、大量の麦をも消費している。なまじ豊かさを手に入れた中国人民にとって
、これから到来するであろう大不況と物資不足は、耐え難い世相になるのを予測して、
今は、世界から爆買いした行動に出てる。爆買いの中身は、食糧のみに限らずエネルギ
ー・天然資源・技術・労力・サプライヤー権益・金融・etc・・で、なり振り構わず
である、その疲弊する個人の幸福喪失や賄賂などの、その不満の矛先を戦争で逸らすと
言う可能性も、政策の一部かも知れません。…が、その巨大な需要がある限り、世界で
飢饉は発生します。この飢饉を貿易で乗り切りたい中国としては、その間、世界から憎
まれついでに、台湾紛争に行き着くかもしれない。そんな危険性をはらむ。
6 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/21(水) 02:50:41.70 ID:jpiCOft0 通報
シンギュラリティな米国論の行末・・・06

しかし今や、ウクライナからの麦供給が安定し、ロシアはエネルギー問題を妥協すれば
戦争のネタがなくなります。また戦争のその間に疫病や震災を含む、国家規模での危機
が来ないとも限りません。やっとこの頃は贅沢を禁止したのだが、現実には、生活向上
に資するエネルギー足るや傲慢な中国は日本の10倍ほど、漁にもならない尖閣諸島に
、金を貰って出かけてきて根こそぎ漁を行うのだ。これでは世界中が魚もカブトガニも
いなくなった黄海同様になる。中国の台湾へ仕掛けるのは、あくまで中国共産党として
の中国語や共産主義の拡大主義のメンツだろが。産業メリットも、若干はあるかも知れ
ない。が、普通では戦争損耗に比較すれば、微々たるものです。合意後の香港経済でも
今や17分1とされる微小な貿易量となり、金額では8分1の経済となった。まあ、代
わりに大陸からの金融投資や物資支援んp投下をしてるだろうが、イタリアのマスクと
同じに香港民にすれば用たたずだ。だからと言って、今後に無視した場合、党が主張す
る、夢の世界が事実と矛盾し、人民は党をバカにして軽んじ、やがて決起するかも知れ
ません。不満は現状でも燻っているし迷走もある。国内の不動産や土建業界、界隈での
債権問題は山火事のように広がる一方であるのである。空気のように刷り増しする人民
元に、今では、必死でバケツがけしてでも鎮火する気配もありません。債権で海外投資
の失敗事案は、地方銀行を苦しめているが、現状清算の西側の銀行団に内情の情報すら
隠し続け、さらなる高利貸付をして帳簿逃れをして、飛ばし償却もままならぬようであ
る。ここに戦費が加わるとなると、国内の世相は一層、厳しさを増す筈だ。…21世紀
の世界経済を建て直すに、まず参考になるのは、第二次大戦後の世界経済復興である。
どこもボコボコだった中それを建て直し、黄金期を迎えることが出来たが、裏では必ず
搾取の賠償金があった。勝者国が搾取し、敗戦国が奪われる。当然の帰結である。幸い
にして米国は本土攻撃がなく余裕だったが、ソ連経済では虐待のホロドモールが、横行
した。つまり国民奴隷化で、カニバリズム(人肉食)まで起こった、人間が人間の肉を
食べる行動すら、貧困と飢えで行われたのだ。それは中国でも例外じゃなかったのだ。
7 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/21(水) 02:52:41.68 ID:jpiCOft0 通報
シンギュラリティな米国論の行末・・・07

毛沢東の大躍進政策後、至る所で、一人っ子政策しなくとも子供がいなくなったのだ。
しかし、21世紀が、1世紀丸ごと、19世紀の習慣を背負って続いた20世紀の様に
なって、恐慌で世界経済が混乱し、戦争になり世界不況で終わるとは思えないし、技術
の目まぐるしい発展を見れば、近々の自由貿易阻害させ、物流停滞の近代的不況時代を
起こさせるなどとは有り得ません。ロシアが消滅すれば、事足りるだけで、いわゆる癌
の手法で、必ずや世界経済は撤去作業に赴くでしょう。問題は先端科学の核使用や地球
温暖化による災害の高頻度と巨大化である。現代社会でも、必ず儲かる国が現れ、搾取
される多くの国が出て来ます。その線引きが従来通り、「戦争での勝ち負け」だけなら
、まだ話も解ります。「悪」のレッテルを貼り易いですからね。「仕方ないことなんだ
」で割り切れます。しかし、現代の現状は、大きな自然からの恵みや褒章を返上する事
になる。鞠割りである。ボールの取り合いに、仲を納めて、スイカのごとく二つ割りに
して、本来の喜びは勿論遊ぶ事すら出来なくなるだ。極東経済も同じで、日本を建直す
のは善意や同情ではなく、「食うか食われるか」のプレイヤーキルであろうが、それを
行った暁には、終末戦争が待っている状態である。そこで日本は中国市場と朝鮮半島の
市場を制して、正しい道を指導すべしと、言ったところでしょう。統一教会の反日連中
すらもこの視点で、日本を詐欺て平和主義を説いた。戦争に先制攻撃に大儀はないので
、辛辣な批判もせず、日本は霊感商法や合同結婚式を受け入れた形になった。いまこそ
受けて立たねばなりません。幸い、舞台は台湾が濃厚だと解っており、近くに与那国島
があります。日本国は「血を流して」戦うべきであり、その見返りとして、中国大陸の
領土、(労夫としての)人民の確保、朝鮮半島を手に入れ、列島から大きく版図を広げ、
中国から港を取り上げるべきでもあるのです。第二次世界大戦前の歴史的・地政学的な
道理に基づいた国家割りを行って 恒久平和を手に入れるべきなのです。中国が共産党
の腐敗思想を捨てない限り、闘いは続く。それは中国だけじゃない。米国でも前述通り
奇妙な政策も風習や習慣も多く、テロリズムもカルト集団も多かったのが昭和の時代だ
が、それが昔話となってるのか、影を潜めたままの現代なのかはわからない。
8 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/21(水) 03:28:08.45 ID:jpiCOft0 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・08

 「シンギュラリティ」とは、変化点や特異点とされる 歴史上のものだ。が、恐らく
、我々が知らない所で、この変化点は起こっていたのであろう。2000年を迎えて行く時
トヨタのCMは 水素電池車をして、「鉄腕アトム」と言う 昭和のアニメのスターに
「21世紀に間に合いました。」として放送した。これは極めて印象的であった。日本
では1989年(昭和64)の、1月7日に昭和天皇が崩御され、平成天皇が在位していた。こ
の時「明治は遠きになりにけり。」をもじって「昭和」が消え去るのを実感していた。
携帯電話が広まり、既に2000年にはスマホ社会の素が作られていた。我々の生きてきた
世界が平和にならんとするとき、911の事件が起こった。ジョージブッシュの高慢な
策略がそこには透けて見えていた。中東事情の学者もNHKも、中東戦争に及ぶときに
、油井の取り合いでの事件でしょう。と言う意見に、米国は、そんな汚い事はしないで
しょう。と口を揃えて綺麗ごとを言った。しかし、である。オーストラリア系アメリカ
人の実業家のキース・ルパート・マードックは、既に大手新聞もTVも押さえていて、
メディア・コングロマリットのニューズ・コーポレーションが、世界的なメディア王の
君臨を支えて、ユダヤのゴールデン・グローバル・A・クラブに仲間入りしていたのだ
。そして、映像分析で作られた映像と、本物の映像が交互に日本で放送され淘汰された
。今や、一番最初にイラクのサダーム・フセイン大統領のお悔みの言葉も、「さあ我々
は、現代の十字軍として、ならず者の奴らに復讐に行くのだ。」と言う第一声の声明も
全く放送されない。あまつさえ日米同盟を重視する日本政府の救助に向かいたいと言う
直ぐの発表も米国からは、「迷惑になるので来るな」と言う断られた形である。学者の
報告では力学的に無理のある崩壊が21ヶ所の疑問が投げられたし、保険会社に所有権
が移り、オーナーがほぼ日課だったレストランには行かず、前1ヶ月前から、解体屋が
たむろして、工事をしていた事が判明している。生き残った人々がビル内の工事音が、
うるさくて苦情ばかりだったのだ。更に実行犯とされる者らは、サウジの留学生だった
。イラクとは全く関係が無かったのである。恐らくこの日が全人類の変化点であったろ
う。
9 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/21(水) 03:28:48.52 ID:jpiCOft0 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・08

 「シンギュラリティ」とは、変化点や特異点とされる 歴史上のものだ。が、恐らく
、我々が知らない所で、この変化点は起こっていたのであろう。2000年を迎えて行く時
トヨタのCMは 水素電池車をして、「鉄腕アトム」と言う 昭和のアニメのスターに
「21世紀に間に合いました。」として放送した。これは極めて印象的であった。日本
では1989年(昭和64)の、1月7日に昭和天皇が崩御され、平成天皇が在位していた。こ
の時「明治は遠きになりにけり。」をもじって「昭和」が消え去るのを実感していた。
携帯電話が広まり、既に2000年にはスマホ社会の素が作られていた。我々の生きてきた
世界が平和にならんとするとき、911の事件が起こった。ジョージブッシュの高慢な
策略がそこには透けて見えていた。中東事情の学者もNHKも、中東戦争に及ぶときに
、油井の取り合いでの事件でしょう。と言う意見に、米国は、そんな汚い事はしないで
しょう。と口を揃えて綺麗ごとを言った。しかし、である。オーストラリア系アメリカ
人の実業家のキース・ルパート・マードックは、既に大手新聞もTVも押さえていて、
メディア・コングロマリットのニューズ・コーポレーションが、世界的なメディア王の
君臨を支えて、ユダヤのゴールデン・グローバル・A・クラブに仲間入りしていたのだ
。そして、映像分析で作られた映像と、本物の映像が交互に日本で放送され淘汰された
。今や、一番最初にイラクのサダーム・フセイン大統領のお悔みの言葉も、「さあ我々
は、現代の十字軍として、ならず者の奴らに復讐に行くのだ。」と言う第一声の声明も
全く放送されない。あまつさえ日米同盟を重視する日本政府の救助に向かいたいと言う
直ぐの発表も米国からは、「迷惑になるので来るな」と言う断られた形である。学者の
報告では力学的に無理のある崩壊が21ヶ所の疑問が投げられたし、保険会社に所有権
が移り、オーナーがほぼ日課だったレストランには行かず、前1ヶ月前から、解体屋が
たむろして、工事をしていた事が判明している。生き残った人々がビル内の工事音が、
うるさくて苦情ばかりだったのだ。更に実行犯とされる者らは、サウジの留学生だった
。イラクとは全く関係が無かったのである。恐らくこの日が全人類の変化点であったろう。
10 :
名無し
2022/09/21(水) 08:11:38.17 ID:OT6wv9h2 通報
なるほど〜
11 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/21(水) 10:08:25.09 ID:jpiCOft0 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・09

 この911事件には前段がある。それはブッシュ家のいわれとも深くある。ブッシュ
とは文字通り藪の意味もあるが、闇の住民の意味もある。アメリカ大陸は当初イギリス
が植民地化を果たして、およそ一世紀、経済的恩恵も無いから国の庇護もなかったのだ
。ここで出来たのがウォール。すなわち囲いの中の生活であった。何故囲いが必要だっ
たのか?それは、食糧も何もないから、原住民を襲撃しては奪って生き延びたのだであ
る。しかし、南米から嗜好品にタバコ栽培が訪れると、瞬く間に、欧州での黒死病流行
での医療品としての必要性やその麻薬性から重要が大きくなり、それまで南米に頼って
輸入してたのが、このウォール街で、商品市場が広げられて大きくなったのだ。ここで
当然いくつかのグループの商売の争いになった。この時の現地マフィアの形で現れたの
がブッシュ家で、藪の中から競合の相手を暗殺していった。その後資金を元手に土地を
離れて、テキサスに移り住んで石油事業に投資したが失敗する。その後当時にドイツの
鉱山王のテッセンに知遇し、ブッシュ銀行は、ティッセン一家に投資した。アメリカの
一般大衆が、ブッシュ一族とナチスドイツのつながりを知らないのは、主流メディアに
よって、この歴史記録が注意深く抑え込まれたからだ。2004年9月、ガーディアン紙は
、その禁を破ってそれを明らかにした。ブッシュ家のナチスドイツの戦争経済との強い
つながりは、ニュルンベルク裁判での、ナチスドイツの鉄鋼王フリッツ・ティッセンの
あからさまな証言において明らかだった。ティッセンは、ジョージ・W・ブッシュの、
祖父、プレスコット・ブッシュの共同経営者だったのである。その上輸出入を引き受け
た海運商社は、プレスコット・ブッシュが重役をしていて、ナチズムの創設時を財政的
に援助した者の仲間だったと、「米ナショナル・アーカイブ」のフィルムで、新たに発
見されている。連合軍の兵士を殺したナチスの鉄鋼王と協力し、ナチスの戦争機械には
直接財政援助した。ホロコーストを援助し扇動することはもっと悪いことだったはずだ
。ティッセンの炭鉱は、ユダヤ人の奴隷を、使い捨てできる物質であるかのように酷使
した。この事でヘンリー・フォードはヒトラーの公然たる崇拝者となり、GMと一緒に
なって、ドイツ軍を乗せてヨーロッパ中を走る軍用トラックを生産する役割を果たした
12 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/21(水) 10:09:13.11 ID:jpiCOft0 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・10

 戦後は両自動車会社が、連合軍の爆撃によって生じたドイツの工場に対し、損害賠償
を請求し受け取った。第二次大戦の終わりに、ナチ資産を移動させる必要はなく。彼は
所有権文書の(株券、証券、証書、トラスト)を、彼のベルリンの銀行から、彼のオラ
ンダの銀行を経て、ニューヨーク市のプレスコット・ブッシュと岳父ハーバート・ウォ
ーカーへ送るだけでよかった。こうしてティッセン共犯者の、(ジョージ・ ハーバート
・ウォーカー・ブッシュ)の父と祖父は後のアメリカ大統領の、父子ブッシュを産んだ
。正に死の商人。恐るべしだ。こうして、数々の投資と乗っ取りで財産築きあげたが、
テキサス共同石油は、落ち目でまたもや失敗する。ここに登場するのが、ビンラディン
の兄である。中東のモスクなど建設する一家は、イスラム教寺院の名だたる建築会社で
およそ200年以上の歴史を持っていたが、オイルブームで、ほぼモスクは充分になり
、アメリカのアパート経営を皮切りに事業を展開していた。住んだのが、ブッシュ家の
隣であった事が不運の始まりで、石油販売会社を共同経営していく。原油を国内でなく
安い中東に求めた為に、ブッシュ家は財政的に一息ついた。が、その後兄は飛行機事故
で不審死する。そしてそのまま中東利権がブッシュ家だけのものになった。ここに例の
ビンラディンは、強く警察に捜査の依頼と、裁判所に抗告の申し立てするが、門前払い
であった。腹を立てたのは当然で、アラブの国王他ブッシュの輸入石油を止めに入る。
この頃多くの石油は、イラクとクェートの境界線にあった。そもそもクェート自体が、
バスラ油田の古代より油が染み出る地で、イギリスがその確保に国を作った所だった。
イラク油田も、今や西クルナ油田など、他に幾つかの油井が出来て、2009年からは、エ
クソン・モービルとシェル、或いは、ロシアのルクオイルとノルウェーのエクイノール
などで管理されるが、元は国営事業の油井だった。勿論、止められたら奪還するまで、
とばかりに、当初クルド人救出の名目で戦争を仕掛け、イラク軍がクェート侵攻すると
その開放として、湾岸戦争を起こすのである。
13 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/21(水) 10:14:23.66 ID:jpiCOft0 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・11

 この時アラブの国王には、当然ビンラディンは、強くイラクの支持を嘆願していた筈
だ。ところが、却下された。アラブの国王にはおよそ30以上の王族の血縁の家があり
、50〜100人の後継を狙う男がいた。というのも一夫多妻の国情から、多分に漏れ
ず、高齢の国王には、先代の国王の兄弟と孫、更に自分の子供の兄弟・義兄弟と多数の
実力者もいたので、米国に反発し混乱を招く訳にはいかなかかったのだ。更に中東戦争
で、イスラエル問題で他のアラブ諸国に仲直り出来る理由も無く、ビンラディンには、
対抗する兵力がない。との理由で却下した。これに対して「神聖なイスラムにアラブの
地に穢れた米軍兵士を駐留させた。」として 先のアフガン義勇軍を募ってアルカイダ
を発足させて、戦士育成をするのだった。この義勇兵集めに行く頃は、狂牛病問題で、
記事はゴマ粒程度だったが、実は米海軍上げて、爆殺しようと動いている。既にブッシ
ュ政権ではなかったが、アフガンはもとより、リビアでもイエメンでもトマホークやら
アパッチヘリやらで、爆殺されそうだったが、上手く逃げ延びている。そうした中に、
日本の拓殖大学の中東専門の西教授などは、取材に行って暗殺されている。その後に、
何回かの落選の後、息子のブッシュJr政権が2001年に出来た。この政権にはネオコン
と言われるグローバルユダヤの白豪主義者達は、共和党民主党に限らず利権に群がった
。彼自体が麻薬吸引者だったから教育係に黒い兵器産業が既に周りに付いていたのだ。
2000年にロシア大統領選挙にエリチェン大統領の意思に即して、自作自演のアパートの
爆破テロを起こし、プーチンは第二次チェチェン戦争に向かってロシアを勝利に導いた
。この評判で、大統領選挙を制して大統領になった。とされる。アパート爆破に使われ
たのは、ロシア軍の爆薬で、3度目を通報によって未然に防いだ時は、タイマーも爆薬
も国内の特殊部隊の専用のものだったとされる。これを取材する記者は16人が不審死
になっている。
14 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/21(水) 10:15:07.16 ID:jpiCOft0 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・12

 2000年は、ロシアの危険さを思い知らされる事件が多発する。このニュース覚えてま
すか? 原子力潜水艦クルクス沈没事故の関連ニュースです。 事故について詳しくは、
のべないが。潜水艦の水没事故での記者同席で、その遺族たちにロシア政府が説明会を
開いている。その中で、ある遺族が副首相に激しく抗議。するとその中にレインコート
を着た女性がすっと近寄り、鎮静剤を注射したのです。遺族は数秒後倒れてしまい衛兵
に抱きかかえられて、会場を後にした。恐ろしい国だ。と世界を震撼させた映像配信で
あった。この国は、1999年の第二次チェチェン紛争の勃発以後は、強力な指導力を発揮
するロシアのウラジーミル・プーチン政権の攻勢によって、度々チェチェン独立派は、
チェチェンの政権を追われて虐殺された。親ロシア・反独立派のチェチェン人によって
政権が樹立されてしまう。しかし、ゲリラ化した独立派はこれを傀儡政権とみなして、
抵抗を先鋭化させてテロリズムを辞さない方針に転じて、2002年10月には、人質 100人
以上が死亡する惨事となったモスクワ劇場占拠事件を起こした。過激化したチェチェン
の独立派には、アルカーイダなどの国外のイスラム過激派組織との繋がりが指摘されて
いる。2004年9月1日、ロシアの北オセチア共和国ベスラン市のベスラン第一中等学校で
、チェチェン共和国独立派を中心とする多国籍の武装集団(約30名)によってベスラン
学校占拠事件が起こされた。逃げないように子供・教員共に、下着すらはがされた状態
で3日占拠され、最後は銃撃戦でほとんどが死亡した。2004年には、チェチェン共和国
の親露派政権の大統領であるアフマド・カディロフは、シャミル・バサエフ配下のテロ
リストに爆殺される事件が起こっている。これに対し後任の大統領を決定する選挙では
、プーチン大統領の支持を受けた候補が当選したが、この選挙に前後して独立派側では
警察署などを襲撃して双方に60人以上が死亡、8月には首都モスクワのドモジェドヴォ
空港を出発した旅客機2機が相次いで墜落して89人が死亡、モスクワでは10人が死亡す
る自爆攻撃がある。など、国外のイスラム過激派の関与を思わせるものも含めて戦闘や
テロが活発化していた。
15 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/21(水) 10:53:37.98 ID:jpiCOft0 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・13

 実はこうした事は、刻壱、CIAやMI6あるいはFBI他 各国に観察されていた
。それは我々すら知る所だから、インテリジェンスの諜報員は当然であったろう。が、
この、自作自演の爆破事件や漁網に捕まった原子力潜水艦沈没を、悪用したのが米国の
テロリスト事件である。当時はイスラム教の移住者が増え オイルマネーであちこちに
モスクが建った上に、「イスラムに乗っ取られる。」と騒ぐ事件が多発した。ユダヤと
イスラムの原理主義同志の戦いが裏で頻発し、不審死事件の多発に警察は手を焼き、動
かない様になっていた。人種のるつぼ、人種のフルカラーの国の弱みであった。ここに
中国の孔子学院の入る隙が生まれた。911事件は、根っからの 米軍指導の事件では
ない。米国にはある種のネオコンの吹き溜まりはあるが、実は華僑軍団も印僑軍団も、
ユダヤ勢力もイスラム勢力も、ある種のコミュニティーを持って活動している。朝鮮人
すらも、コリアンパーラーを持っている。持ってないのは、黒人と日本人だけである。
但し、黒人の場合長い歴史から、スラムスクラムやら BLMなど今尚残る人種偏見に
対抗するclubも点々とある。今のQアノンと言われるのは、実は白豪主義の東洋人
にこじつけの名称である。Qアノンとは、電子プログラムを操り、任意のハッカー集団
のアノニマスと、その秘密コードのQコードを握り、利用される人々と言われるが実は
日本人は、そんなにコンピュータープログラムをハッカーする程には、頭は良くないし
、多くの人員はいない。しかし、早くから回路設計において、NECや富士通、東芝、
日立、リコーなどIC技術を培ってきていたのであるので、そう思われるている。が、
昔も今も、英語仕様でこうした基本ソフトは、インド人が得意の所で、同じ褐色人種を
、東洋人とも日本人とも言えずQアノンと称しているのである。というのもドミニオン
で見る限り、このネオコン体制は選挙すら牛耳るように、クリントン財団などを中心に
およそDSの影の政府と言われるほど、少女を食べるエプスタイン島の儀式が、実際に
起こり逮捕されエプスタイン自身が逮捕され、獄中死し、裏にウィリアム・ヘンリー・
ビル・ゲイツ3世の巨大な無税の王者の率いる、ゲイツ財団があるのだから、批判かわ
しに、わざわざQアノンやらトランプやらを作ったのである。911に集中して事件の
解明に向かう新聞社がいるなら、先のロシアの事例同様に大きく危険のままなのである。
16 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/21(水) 12:44:37.58 ID:jpiCOft0 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・14

 今国葬論議でニュースソースは事欠かない、が私自身は「経営の神様」と称された、
京セラ名誉会長の稲盛和夫氏の死に深い哀悼がある。彼は日航すらも立て直した現代の
企業経営の神様だったろう。古川電機会長と共に日本の昭和時代の逸材達が次々に死去
するが、その度に不甲斐ない国会議員達は、どうして彼らに知恵を借りたり、頭を垂れ
て乞わないのかと不思議である。氏は要諦としてまとめた「稲盛経営12カ条」の一つと
して「常に創造的な仕事をする」ことを掲げている。稲盛氏は、常に新しい事新しい物
をやらなければ、企業は時代の波に潰されるという危機感があった。新しい技術の開発
と事業の多角化に取り組んできた経済戦士であったろう。しかし、米国に研究所を建て
たが、今やそこを払って日本に研究所を作った。ある会合で、いや〜米国で叩かれて、
参りました。と言った。過去を調べれば、研究所は米国人を雇用して面白い素材を見つ
けだしていた。ところがその売り込みがNASAに至った時、突然にFBIに家宅捜査
が入り、重要書類が持ちされられ、「この研究は国家機密だ。」と命令の上に逮捕され
今後この研究には、一切触れず一切口外しない。との契約書を書かされて、開放された
。この事に驚いた。と、言うのである。つまり民主主義の国アメリカもロシアと同じで
あったのだ。かつてのテスラの不審死同様の事で、1900年代当時のままの政府意識
だったのである。この昭和の偉人たちと共に、安倍晋太郎前総理が凶弾に撃たれるのだ
。この穏やかならぬ事件は、戦前を思わせた。日本に暗殺事件が無かったわけではない
。日本の初代内閣総理大臣である伊藤博文は、朝鮮併合視察に於いて朝鮮人テロリスト
が襲った。この頃総理大臣は全員華族であったが、平民であった原敬が「平民宰相」と
して登壇したが、気に食わないのか東京駅で刺された。又第20代内閣総理大臣高橋是清
は、日露戦争の影の立役者ではじめて財源確保のための赤字国債を発行し、公共事業を
増やすことで景気の回復を図り、「金融の天才」「日本のケインズ」などと評された人
だ。第一次世界大戦後は好景気が昭和2年金融恐慌で長い不況に至る。濱口は経済政策
を主眼として軍予算を削った事で濱口雄幸は殺されたとされる。その後「ロンドン海軍
軍縮条約」において軍縮合意したが、次の養毅は、「統帥権干犯問題」がこじれ五一五
事件で殺された。その後の総理大臣である斎藤実(さいとうまこと)もデフレ不況に、
あえぐ庶民には不評だった。彼らは国葬法によって国葬された。
17 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/21(水) 15:20:21.75 ID:jpiCOft0 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・15

 犬養毅が、前述した海軍将校らによって殺害された五・一五事件の際には、日本は、
大きな貧困の中にあった。不作続きの中に、軍需景気の後、大戦恐慌の不況がアメリカ
からやって来たからだ。国民の苦境に、東北の田舎出の海軍将校は陸軍や政治家の贅沢
に憤慨した。と言われている。ここで天皇は勇断し、海軍を処する。「現在、貧困にあ
えぐ国民がいる一方で大資本家が経済搾取を行なっている。それを助長する政党政治を
倒さなくてはならない。」という血盟団声明がある。そして事件直前の2月、3月には、
血盟団による前蔵相・井上準之助、三井財閥の團琢磨射殺事件が起きている。これには
民間団体の血盟団がテロを実行してみせれば、海軍の青年将校たちも重い腰を上げる。
という目論みがあったといわれます。団琢磨は、団琢磨は安政5(1858)年、荒戸4番丁(
現在の荒戸3丁目)にて福岡藩士の馬廻役である「神屋宅之丞」の4男として生まれて、
12歳の時に勘定奉行の「團尚静」の養子となった。明治4年(1871)、黒田家の海外留学
生として、金子堅太郎とともに岩倉使節団に同行して渡米している。マサチューセッツ
工科大学で、鉱山学を学び大正3年(1914)には三井合名会社の理事長、つまり三井財閥
の総帥となり、財界のリーダーとして活躍した。知っての通り神屋家は豪商神屋家の事
で、明治移行期には薩摩応援で没落したが、安土桃山時代、鎌倉末期から続く石見銀山
の再興の祖とされる。時の守護大名大内氏は、一時的に採掘を中断していた石見銀山で
あったが、再発見して本格的に開発したのは博多の大商人、神屋寿禎(博多三傑・神屋
宗湛の曽祖父)が海商として資金を入れて資材人財を入れたからであるとされている。
こうして、神屋の4男は、家訓で団家に養子になり団琢磨として旧福岡藩主の黒田長知
の供で、岩倉使節団に同行し、アメリカ合衆国へ留学したのである。
18 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/21(水) 15:20:59.38 ID:jpiCOft0 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・16

 MITを卒業して帰国し東京大学助教授となったが、三井家に惚れられ娘を娶って、
三井鉱山会長となり、三井合名会社理事長に就任した。その後昭和7年(1932)、東京
日本橋で血盟団の菱沼五郎から狙撃され絶命(血盟団事件)する。享年75(73歳没)。
墓所は東京都文京区の護国寺に葬られた。明治17年(1884)からは、工部省に勤務したが
、当時、伊藤博文肝入りでの太政官制度の下の政府で近代国家のための社会基盤整備と
殖産興業を推進した中央官庁だが蚕と鉄道の成功しかなく、今だ日銀が機能してなかっ
た。ここに団氏は貨幣鋳造を持って鉱山開発、石炭に着目して電信や製鉄・造船にと幅
広く展開し、本来の明治維新、つまり産業革命を起こしたのだ。この後明治21年(1888)
に三池炭鉱社の事務長に就任。三池港の築港・鉄道の敷設などに、近代的な炭鉱経営し
ていき敏腕をふるった。とされる。現在東京銀座には記念碑が置かれ、慶長17年(1612
)に、徳川幕府が、中央区銀座に銀貨幣鋳造の銀座役所を設置した事でついた名だとの
説明している。当時、町名は新両替町とされた。通称で銀座町と呼ばれ明治2年には、
正式に銀座を町名とすることを公示した。慶長17年に徳川幕府此の地に銀貨幣鋳造の
銀座役所を設置したが、国立国会図書館所蔵の「銀座巻物」には、銀貨を製造する銀座
の様子が描かれ、銀座での不正行為が発覚したことで、既に銀座は蛎殻町(現・日本橋
人形町)へと移転して明治を迎えている。その後、蛎殻町で再興した銀座役所は「蛎殻
銀座」と呼ばれ、そこで約70年間続くが、蛎殻町へ移転しても、旧銀座は通称名のまま
に「銀座」で呼ばれた。しかし、幕府の崩壊により明治政府に接収されてしまい、明治
2年(1869)に明治政府の造幣局の設立に伴い、廃止となった。だが、明治新政府には
日本の貨幣の金含有量の違いに気付き、外交交渉が必要となり、大いに苦しむ事になる
。維新攻防が頂点の万延年間の1853年、黒船に乗ったペリーがアメリカから浦賀に来航
し、徳川幕府は横浜、長崎、函館を開港し日米和親条約で、部分的に自由化交易の結果
、鎖国体制は崩壊し、金銀比価の違いから海外へ金貨が大量に流出し、幕府財政は困窮
を極めた。が、明治政府に幕臣武士雇用でそれらが判明し放置出来なかったのだ。
19 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/22(木) 07:22:47.44 ID:NoDC5Cin 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・17

 今回、山上容疑者は、「ある宗教団体幹部を襲撃する予定だった」と供述している。
つまり、韓鶴子教団教祖を狙ったが来日しないので、仕方なく「安倍元総理に対しての
不満もあって、殺そうと思って狙った。」と標的を変えた事を供述した。「政治信条へ
の恨みではない。」と言っている上に、2019年にSNSを開設、山上徹也容疑者は
「トップを火炎瓶を使って襲おうとしたが、近づけなかった。」と供述してしている。
襲撃に失敗した直後にツイッターを始めている。<自民党憲法草案第十一条。国民は、
全ての基本的人権を享有する。この憲法が 国民に保障する基本的人権は、侵すことの
できない永久の権利である。>と書き込んでいる。教会について、「俺が憎むのは統一
教会だけ。結果として安倍政権に何があってもオレの知った事ではない」などといった
恨みを書き連ねていて、「安倍政権に言いたいこともあろうが、統一教会と同視するの
はさすがに非礼である。」と常識を見せている。日本において首相経験者の暗殺は戦後
初であり、1936年の二・二六事件以来86年ぶりとなる。ここがちょっと引っかかる部分
である。米連邦準備制度理事会(FRB)は、0・75%の大幅利上げを決定し、パウエル議長は
さらなる利上げに前向きな姿勢を示している。これにより、世界はリフレ派で金持ちの
余剰経済を行っていない限り、各国は外為の放り投げする事になる。今や、政府すらも
借金経済の中で、中央銀行が金利を上げたら、庶民さえ食えずに、更に利益を得るしか
なくインフレになって、家賃も物価も上がるに決まっている。つまり税収は上昇して、
良い事だろうが、生活は貧困のどん底という事が世界中で起こる。これは恐慌が日本に
やって来た時代と 全く変わらない。その頃も不作で、軍需特需が消えて軍部が勢力を
延ばし議会は、政府中枢の政策を攻撃し、天皇陳情を試みようとした。それが5・15
事件だった。新潟から九州まで過疎地で身売りが増え、青柳や赤線婦人が盛況だった。
20 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/22(木) 08:05:17.07 ID:NoDC5Cin 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・18

 当時の宮沢賢治などを調べりと、突然、超右翼団体と言われてる国柱会に突き当る。
彼は1921年に上京するのだが、その頃東北に熱狂的信者を持つ国柱会に出会う。街頭の
布教にも参加し、以来1933年、37歳で亡くなるまで熱心な会員となっている。賢治の
戒名も国柱会からおくられ、遺骨の一部も国柱会の聖廟に眠っている。その国柱会こそ
が「八紘一宇」という造語を創作し、大東亜戦争の精神的支柱となり軍に支援をした事
で有名な宗教団体である。国柱会(こくちゅうかい)は、日蓮宗と国家主義をブレンド
した、超右翼思想宗教団体として発足している。戦前戦中においては日本の満州・中国
・東南アジア・オセアニア地域への侵略を、強く支持した在家の仏教教団だったのだ。
創始者の田中智学は「純正日蓮主義」を掲げ、法華経を国教とした日本が、世界征服を
果たし、世界を法華宗化するという遠大な目標をもって活動した。その一環に田中智学
は「八紘一宇」という造語を創作した。とされる。これは軍部のスローガンとして利用
され、多くの大陸軍人は、この「五族共和」の夢を見ていた。八紘一宇とは、全世界を
天皇を頂点とした1つの国家に統一するという意味で、国内の「万世一系」を国際的に
広げた思想だった。その後、日本は第一歩として「大東亜共栄圏」を標榜し、近隣各国
に侵攻していく。結果として国柱会は大東亜戦争に思想的に加担したということがいわ
れる。かくて分派の創価学会や公明党は「国立戒壇の建立」をスローガンにした。この
発言者も、田中智学であった。国立戒壇は、国民の総意を持って国立の本部講堂を建立
し、天皇はじめ為政者がこの戒壇で祈祷する。このことが国家安泰が実現する。と主張
し、神道思想を取り入れて、日蓮聖人の「本門戒壇」という遺言した事を説明する。こ
の国柱会の信者として知られ有名なのが石原莞爾と宮沢賢治だった。石原莞爾は、陸軍
幹部(関東軍参謀)として満州事変・満州国建国に深く関わった人物で、国柱会の理想
を実現すべく満州事変の首謀者となり、日中戦争には強硬に反対した平和主義者だった
21 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 04:01:16.98 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・19

 福沢諭吉の論説においても、「脱亜入欧」という言葉は出ていない。しかし、日本に
おいて『脱亜論』は、「日本がアジアの一国であることを脱し、欧米列強に接近する」
ことを意味するという概念の基礎となった言葉だった。しかし近代化西洋列強に学ぶ。
と言うのは、中国・朝鮮の皇帝すら持っていたもので、どこの国でも同じだった。違っ
ていたのは、国内にその反対者がいなかった事だ。中国・韓国では大勢が反対だった。
日露戦争で、徐々に激しくなるロシア軍との戦闘では、たった1回の会戦で日清戦役を
通じた使用量を上回るほどの、砲弾を消費している。その日露戦争で、主役だったのが
、石炭炊きの戦艦だった。辛うじてアルゼンチン発注の最新鋭戦艦を、譲りうけ地中海
を攻撃をかわして日露開戦に間に合って戦勝した。更に辛うじて米英にとってロシアが
究極まで叩かれる事に、少し困る事があった。当時の西洋の貴族社会は、既にこうした
戦争がギャンブルの対象だったのだ。勿論ロシア通やロシア皇帝、更に援助国揃っての
テーブルは揃ってロシアに賭けていたのである。仮にロシアが負けたら、その支払い者
は破産していなくなる。という事になる。それを止めに入ったのが、セオドア・ルーズ
ベルト(ローズベルト)である。その名の通り、バラの花屋で、香水のガラス瓶商売で
儲けた家系の大統領だった。そのスローガン「穏やかに話し、大きな棒を振る。」だっ
た。大口を叩くなら、必要なとき力を振るう。は棍棒外交と呼ばれる当時のスタイルで
の仲介である。当然ロシア皇帝も重要な顧客であったのだ。パナマ運河の完成の後ろ盾
となり、仏英の銀行家と渡りをつけグレート・ホワイト・フリートを派遣し、アメリカ
合衆国の威信を誇示した。そして、日露戦争の停戦の仲介に乗り出した、その功績で、
ノーベル平和賞を受賞した初のアメリカ人となった。ノーベルは現代火薬の研究で財を
なし、アメリカとの協調がそこにあった。こうした時代の流れで、石炭船はすぐにスク
ラップになり、石油を燃料として走る戦艦が主流になり、更に機械文明は発達したのだ
。昭和初期は、日露戦争当時とは比べ物にならない量の砲弾使用量になっていたのは、
小学生にだって解る事実だったが、そうした意識は日本は追い付いて行けなかった。
22 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 04:09:11.00 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・19

 福沢諭吉の論説においても、「脱亜入欧」という言葉は出ていない。しかし、日本に
おいて『脱亜論』は、「日本がアジアの一国であることを脱し、欧米列強に接近する」
ことを意味するという概念の基礎となった言葉だった。しかし近代化西洋列強に学ぶ。
と言うのは、中国・朝鮮の皇帝すら持っていたもので、どこの国でも同じだった。違っ
ていたのは、国内にその反対者がいなかった事だ。中国・韓国では大勢が反対だった。
日露戦争で、徐々に激しくなるロシア軍との戦闘では、たった1回の会戦で日清戦役を
通じた使用量を上回るほどの、砲弾を消費している。その日露戦争で、主役だったのが
、石炭炊きの戦艦だった。辛うじてアルゼンチン発注の最新鋭戦艦を、譲りうけ地中海
を攻撃をかわして日露開戦に間に合って戦勝した。更に辛うじて停戦した。米英にとっ
てロシアが究極まで叩かれる事には困る事があった。当時の西洋の貴族社会は、既に、
こうした戦争が賭けの対象だったのだ。勿論ロシア通やロシア皇帝、更に援助国揃って
のテーブルはロシアに賭けていたのである。仮に、ロシアが負けたら、その支払い者は
破産していなくなる。という筋書きになる。それを止めに入ったのが、セオドア・ルー
ズベルト(ローズベルト)である。その名の通り、バラの花屋で、香水のガラス瓶商売
で儲けた家系の大統領だ。そのスローガン「穏やかに話し、大きな棒を振る。」だった
。大口を叩くなら、必要なとき力を振るう。は棍棒外交と呼ばれる当時のスタイルでの
仲介である。当然、ロシア皇帝も重要な顧客であったのだ。パナマ運河の完成の後ろ盾
となり、仏英の銀行家と渡りをつけグレート・ホワイト・フリートを派遣し、アメリカ
合衆国の威信を誇示した。そして、日露戦争の停戦の仲介に乗り出していた、その功績
では、ノーベル平和賞を受賞した初のアメリカ人だ。ノーベルは現代火薬の研究で財を
なし、アメリカとの協調がそこにあった。こうした時代の流れで、石炭船はすぐにスク
ラップになり、石油を燃料として走る戦艦が主流になり、更に機械文明は発達したのだ
。昭和初期に、日露戦争当時とは比べ物にならない量の砲弾が必要になっていたのは、
小学生にだって解る事実だった。が、そういった意味では日本は追い付いて行けなかった。
23 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 04:17:17.71 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・20

 それでも日本は、一応、国家の体裁を整える必要が迫られて、資源開発や、インフラ
整備に乗り出している。しかし、資源開発にしろ、インフラ整備にしろ、初期投資金額
は莫大であり、投資額を回収するには長い時間がかかる。当時の世界は、満州国を傀儡
国家と呼んた。その通りとは思うが、欧米列強において行った植民地支配とは全く違っ
ていた。労働者はいたが、奴隷や農奴は居なかったし、原住民を差別対象としていない
。更に、喋る家畜として殺傷権もつ持つ主人もいなけや、独裁の徴用行使も無かった。
文明国や先進国とされる多くの国で行われていた政策での、悪い物は何一つ取り上げて
はいない。それどころか成人を18歳とする法令に、朝鮮半島で13歳にしろとデモが
連日起こったが、渋々16歳に決めるのである。そうした時に日本人が朝鮮統治に壁に
なったのが、経済と言語だった。朝鮮半島では、既に書く言語はなく、多くが日本語か
中国語で生活していた。つまり宗主国中国の言葉は、中国語と中国文であり、朝鮮通信
使でに貿易相手が日本しかなく、わざわざ母国語であるハングルの必要性が無かった。
そこで教育し学校を作る必要性から、日本の文部省は4人の文学博士や言語学者教育者
などを送って、王朝書庫から古い書物を持ち出し、古代ハングル語を見つけて整理した
。当時大まかに6部族語、詳細では28の言葉が使われていて、朝鮮人と言えども言葉
・風習考え、食生活や暮らしなどが随分と違っていたのである。満州国建立での満州国
の開発は、当時河豚計画として、金満家ユダヤ国家の誘致を目的とした。その為ユダヤ
人会の会長を何人か視察させた。が、そもそものロシアと日本のせめぎ合いの国境の国
に興味を示さなかった。こうして満州国は外資(特にアメリカ)導入が検討したものの
見事に外れた。満鉄が発足した当時から、満鉄の方針は外貨導入だった。が、関東軍(
陸軍)が強く反対して実現しない。当然陸軍では、工業製品や兵器の類を国産で賄いた
い。という軍事上の正論であった。しかし、例えば自動車を国産化するにも基礎工業力
が必要になるが、その力はゼロからの出発では、不十分この上なく、そこで、野口尊(
したがう)に協力を求めるのである。シンギュラリティの始まりだった。
24 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 04:21:29.20 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・21

 戦前は、持ち株会社による巨大なグループを形成していた。経済界に大きな影響力を
持ち続け、企業の連合体で軍部との馴れ合いもあったようだ。多くは創業者の一族が、
実権を握って経営していた。日本には多くの財閥が存在していましたが、一番有名な、
三井・三菱・住友・安田は、これらをまとめて「四大財閥」といわれる。さらに鮎川・
浅野・古河・大倉・中島・野村・渋沢・神戸川崎・理研・日窒・日曹を、くわえていき
十五大財閥という括りで呼ばれることもある。三井は伊勢参りで栄えた伊勢商人の呉服
問屋だった。三菱は土佐藩の実業家岩崎弥太郎が藩の雇用伺いから身を建てたものだ。
住友も紀州藩お抱えの鉱山を譲りうけた備中岡山藩の鉱山廠の守人だった。富山の安田
善次郎は廃藩置県で、滅び行く各藩お抱えの産業を集めて資本供与し、芙蓉グループを
作って明治を乗り切った。日産自動車にその名をとどめる日産コンツェルンは、創業者
鮎川義介の名前をとって鮎川財閥とも呼ばれた。第一次大戦後の不況により経営不振と
なった久川財閥を引き継いだ鮎川によって創設されたもので、名前の由来は、日本産業
からきている。日本の満州進出で、満州重工業開発株式会社を創設して勢力を拡大し、
現在の日産のほか、日立製作所、ジャパンエナジー、札幌ビール、日本水産、ニチレイ
など多くの企業がその系譜を引き継ぐ。コークス販売で成功した浅野総一郎が設立した
浅野セメントも財閥となり、渋沢栄一の支援を受けて発展した。資金調達などの面では
安田財閥に依存して、戦前は三井・三菱などの5番目の財閥とされた。江戸幕府の頃に
足尾には銅山が開かれた。金銀銅と言われるように、この鉱物資源は通貨になる程日本
では貴重だった。明治時代になって1875年に古河市兵衛は、閉山の山を近代的西洋技術
によって復活させ古河本店を作った。これが起源となった財閥で、足尾銅山の鉱山開発
事業の成功によって発展していく。現在に、古河電気工業、富士通、横浜ゴムなどの、
主要素材企業がその流れである。
25 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 04:29:30.42 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・22

 元々乾物屋の大倉は1857年に大倉喜八郎が開いた乾物店がもとになっていて、大阪の
乾物を江戸で売り捌いて財を成していた。その後、横浜が出来ると貿易商となった大倉
は、大久保利通や伊藤博文などとの交友関係をもとに、日本初の財閥を築いていった。
大倉組商会は日本人による初めての貿易商社で、1874年には、日本企業として初となる
海外支店をロンドンに開設して、株式商いまで手をだしている。後で暖簾分けしていた
陸軍ご用達の商人に、山縣有朋の部下だった政商・山城屋和助がいる。兵部省を含んだ
各省庁から借り入れし、大きな利益を上げ各省庁の官吏達にも、山城屋から借金をして
いた。しかし生糸価格が暴落し、輸出を増やすために洋行した。しかし豪遊したことで
噂になり。司法卿の江藤新平は調査を行い、山縣の排斥運動につながる。この時に株式
投資に失敗していたと言う。この大倉は現在も、帝国ホテルやホテルオークラや、日清
オイリオグループ、日本無線、日本化学工業などの企業群が残る。中島は、軍需財閥で
中島飛行機株式会社として大正時代に中島知久平によって創業された。航空機・エンジ
ンメーカーで知られ、高い技術力は、独自機体やエンジンの開発を行い、第二次大戦の
頃までの日本の軍需産業を支えていた。当時は東洋最大で、世界規模の航空機メーカー
として技術の覇者だった、陸軍向け一式戦闘機「隼」、四式戦闘機「疾風」、二式戦闘
機「鍾馗」、百式重爆撃機「呑龍」などの開発・生産を手掛け、海軍からの注文も受け
、零戦のエンジンをも製造した。超大型爆撃機「富嶽」やらジェット戦闘機「火龍」の
先端開発も行っていたものの、終戦となって頓挫した。東京の最初の空襲はこの中島の
工場を狙った程アメリカの注目の的だった。戦後は12社に解体された上、航空機の研究
・製造を禁止され軍需産業からは排除された。有名なのはスバルとなって自動車産業へ
と進出した事だ。カブトムシのビートルならぬ、テントウムシの愛称でヒットしている
。野村徳七がはじめた両替店ノムラは、第一次大戦後の好景気に成長する。1918年に、
大阪野村銀行を(現りそな銀行)、1922年には野村合名会社(野村證券)を設立して、金融
資本中心の財閥になった。東南アジアやブラジル、フランス領のニューカレドニアまで
もニッケル生産など海外事業をする。満州にも進出したが敗戦撤退。現在野村グループ
などがその系譜を引き継いでいる。
26 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 09:46:29.27 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・23

渋沢栄一は今や有名な豪商だろう。第一銀行を興したことで知られ、数々の企業を、
設立し、持ち株会社となっていく。渋沢グループからは、現在のみずほ銀行や王子製紙
などが生まれた。が、渋沢自身は、日本を発展させるための様々な産業や企業育成する
このことを第一に活動していた。自分の一族が主体となって財閥形成すると言った事は
興味はなかった。それはそもそもが「合本資本主義」素(本)を合わせて、発展する。
と言う信念だったからだ。渋沢が多くの分野で活躍をおさめると、その影響力や資産も
増大することになっていく。これがGHQによっての財閥認定の位置付けに入っていき
財閥解体の対象となった。神戸川崎財閥は川船屋が神戸港開始前から、灘の酒を江戸送
りで財を成してた。その後、川崎正蔵男爵が、1878年に松形正義らの援助を受けて設立
した川崎造船所がルーツとなっている財閥だ。といわれる。元々北前船などを手掛けて
いる場所だった。昭和の金融恐慌の際には後継者の経営の失敗に、部下が離反していく
。こうして財閥としての実態はほとんど消失していった。松形正義は、島津久光の側近
として生麦事件、寺田屋事件等に関係した官仕で、29歳の時、議政書掛(ぎせいしょが
かり)という藩政立案組織の一員となっている。日田の県知事時代に旧福岡藩士が犯し
た太政官札贋造事件の事実を明らかにした。贋札は戊辰戦争での戦費負担で財政悪化し
た諸藩で、広く行われていた。が、福岡藩は大藩なだけにその規模が大きく、見せしめ
として明治新政府の威信を示すため厳罰に処した。これが大久保利通に高く評価された
。その後伊藤博文の下で、第三共和制下のフランスに滞在した。「セイの法則」で名高
いフランス蔵相から助言を得て国立銀行設立の動力となった。助言は第一に日本が発券
を独占する中央銀行を持つべきこと、第二にフランス銀行やイングランド銀行はその古
い伝統故に、モデルとならないこと、第三に最新のベルギー国立銀行を例としてこれを
精査すること、第四に当時欧米の主要国が銀本位制から金本位制に移行しつつあった事
を踏まえて、日本も金本位制を採用することを勧められた。
27 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 09:47:10.09 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・24

 松方は、帰国後、政府紙幣の全廃と兌換紙幣である日本銀行券の発行による紙幣整理
、煙草税や酒造税、醤油税など増税や政府予算の圧縮策などの財政政策、官営模範工場
の払い下げなどによって財政収支を大幅に改善させて政府を助けた。インフレーション
も押さえ込んだ措置で、その手腕は鮮やかだった。ただこれらの政策では、深刻なデフ
レーションを招いたために「松方デフレ」と呼ばれて世論の反感を買うことになった。
この時に川崎男爵は、強く抗議しつつ廃業に至ったが、松方は融資によって支援した。
発注されて資材を持っていた各社は財政支援を得て、ここから独立を果たした。この事
により、川崎汽船G、川崎重工業G、JFEスチールGといった現代まで続く有力企業
グループがいくつも生まれている。こうして、新たに神戸川崎財閥と呼ばれた。関係の
会社として神戸新聞社、昭和シェル石油(現・RSエナジー)、富士電機、川崎設備工業
、日本興亜損害保険(現・損害保険ジャパン)等がある。現在、グループ川崎重工業、
川崎製鉄、川崎汽船の3社は川崎グループを形成し、「川崎睦会」という名称での第一
勧業銀行(現・みずほ銀行)グループの有力メンバーになった。理研コンツェルンは、
生化学分野で、ワカメからの旨味成分を抽出した事やビタミンの発見などで知られる。
理研は理化学研究所の略で、基本は江戸幕府の西洋研究の錬金術から始まった研究所で
あった。江戸幕府は知っての通り医療に際して、養生所を置いた。現在では、正式名称
「東京大学大学院理学系研究科附属植物園」は、江戸期の養生所で使われていた。井戸
が保存されており、関東大震災の際に被災者の飲料水として大いに役立った。享保7年
(1722年)12月に小石川薬園(小石川植物園)内に開設され、漢方薬や西洋植物の栽培
に当たった。建物は柿葺の長屋で薬膳所が2カ所に設置され収容人数は40名で発足して
いる。明治維新を迎えたが、文芸復興と共に東京大学が置かれていて難を逃れた。この
大学として改革される中で、民間として、利益を追求したい。あるいは学び舎でなく、
実践的研究所が必要だ。との認識が1917年(大正6年) 渋沢栄一を設立者総代設立され
た。折しも洋行帰りやハイカラさんが溢れ、大正デモクラシーのさざ波の頃だった。
28 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 09:48:55.01 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・25

 東大は日本初の大学で、その歴史は江戸時代から始まる、実力だけでなく歴史も又、
日本一の大学である。東京開成学校は、江戸幕府が、西洋船の頻発する頃に設置された
蕃書調所(ばんしょしらべしょ)を源流としている。蕃書調所は、江戸幕府直轄の洋学
研究教育所のことで、安政3年(1856年)に設置されたものだ。そう安政の大獄前に、
西洋学がブームとなり洋書を集めだして、研究する旨の御沙汰が、将軍から降りたのだ
。また、東京医学校は、明治時代になって、東京府に設立された医学教育機関となった
。内戦の勃発で、手術や解剖学が必要と判断され 明治政府が兵士の治療に使ったのだ
。元々は、江戸幕府の医学所を改称したものであり、江戸幕府時代のの医学所は、文久
1年(1861年)に設立された西洋医学校とされている。東大が生まれた流れについては
詳しくはないが、実は、東大の前身の学問所に3つが集まったもの。とされる。前述で
紹介した2つのほかに、影響力が無かったと見なされているのが「昌平坂(しょうへい
ざか)学問所(=昌平黌(しょうへいこう)」である。だが一般でなく武士や身分ある
者らで占めていて地方からも わざわざ入門してくる門下生が多かった。この3つは、
どれも江戸幕府の政策により設置されている。「昌平坂学問所」の設置は 約220年前の
1797年である。先の東京開成学校である「蕃書調所(ばんしょしらべしょ)」の設置が
1857年。種痘所(しゅとうしょ)は東京医学校の前身であり1857年に設置されているの
で、ほぼ同期だが昌平黌(しょうへいこう)=「昌平坂学問所」がもっとも古いという
事になる。江戸幕府崩壊後、明治時代になり幕府管轄下にあった3つの学問所は、それ
ぞれ、昌平学校・開成学校・医学校と改称され明治政府が接収し管轄下に入りました。
この際、明治政府により3つの学校の総合学園構想案が出されます。この案は、1869年
に実行され、本郷湯島に所在する昌平学校を大学とし、神田に所在する開成学校を大学
南校とし、神田和泉町に存在する医学校が大学東校となりました。しかしその後、学問
論争が勃発し洋学重視の方針になり、国学の大学は一度閉鎖となってしまいます。
29 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 09:49:52.46 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・26

 西郷隆盛は、大久保達の西洋見聞に行っている間に、さっさと改革を行っていたのだ
。1871年から73年の留守政府の責任者として、地租改正や徴兵令、学制や太陽暦の採用
といった、これまで申請しても出来なかった明治政府になぎなたを振った改革を行った
。これは西郷の、輝かしい業績と言ってもいいだろう。江戸城の無血開城に勝海舟との
会談でも、京都のお公家衆や、大久保達は、江戸が火の海になってもいい。さっさと、
徳川慶喜の首を持ってこい。という声も伝令にあったようだ。海外組の帰国後に、明治
6年の政変によって、この手腕が憎まれた西郷は 下野してしまうが、この時期の業績
は今の日本の礎となった。見逃されがちですが、当時不安定だった国内を維持しながら
廃藩置県と不平武士を兵士として雇用し再訓練にした事で、大きく日本は安定したのだ
。これは彼の業績の1つに数えるべきだろう。中でも1872年(明治5年)に公布された、
小学校から大学校までの学校制度のことで、一般に学制が敷かれた事は義務教育の基礎
となった。この学制は明治新政府が、欧米諸国にならい、近代化を進めていく中で実施
された三大改革のうちの一つで、ちなみに三大改革とは「学制」「兵制:徴兵令」「税
制:地租改正」になる。此のすべてを案は出来ても実行しないまま旅行に行った留守中
に西郷はおこなっていた。東大には前身となった学問所があるので、早稲田大学の大隈
重信の様な創始者はいない。ともいわれる。しかし、この時、初代総理の「加藤弘之」
はこの3つを集めて明治政府に許可を得て東大を作った。東大の歴史は古く、歴史上の
どの転換点を「東京大学の創設」とみなすかによって創設者が変わる。しかし東京大学
公式の「沿革」では東京大学の創設は明治10年(1877年)4月7日、初代総理が加藤弘之
となっている。このため、創設者も「加藤弘之」としていいでしょう。この後 1886年
( 明治 19年) 3月2日 に「 学校令 」の一つである帝国大学令(明治19年3月1日勅令
第3号)公布され、同年 4月1日 に施行された。 1919年 ( 大正8年)に帝国大学令が
全部改正され、 1947年 ( 昭和 22年)に「国立総合大学令」へと改題された。
30 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 09:52:17.63 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・27

 実は、この学制こそ、シンギュラリティの卵だったのである。東京6大学の創設者は
・慶應義塾大学:福澤諭吉:1858年設立・東京大学:加藤弘之:1877年設立・明治大学
:岸本辰雄、宮城浩蔵、矢代操ら:1881年設立 ・早稲田大学:大隈重信:1882年設立
・法政大学:金丸鉄、伊藤修、薩正邦ら:1920年設立 ・立教大学:チャニング・ムー
ア・ウィリアムズ主教:1922年設立と続いたと言われる 東京大学以外の5つの大学に
ついては、設立者がはっきりしている。東京大学の総理とは今でいう学長1877年に設立
された際、法理文三学部と医学部それぞれに 綜理が設置されたことに由来している。
現在の学校教育法では「学長」を置くことが定められているので、総長の正式名称は
「学長」になりますが、東大では「総長」と呼んでいる。東京大学初代総理の加藤弘之
は、明治10年〜19年までの9年間、総理として初期の東京大学運営に携わった人です。
天保7年(1836年)に但馬国出石藩(現在の兵庫県豊岡市)の藩士の子として生まれ、
江戸で兵学、蘭学、ドイツ語を学び、1873年(明治6年)に明六社を結成しています。
明六社は、日本最初の近代的啓蒙学術団体だ。また、加藤弘之は、明治23年(1890年)
5月には帝国大学(現在の東京大学)の第二代総長になっています。「昌平坂学問所(
=昌平黌(しょうへいこう)」の設置が 約220年前の1797年です。後の東京開成学校で
ある「蕃書調所(ばんしょしらべしょ)」の設置が1857年。種痘所(しゅとうしょ)は
東京医学校の前身で1857年に設置され、3つはどれも江戸幕府により設置された。が、
程なく江戸幕府は崩壊。明治時代になり幕府管轄下にあった3つの学問所はそれぞれ、
昌平学校・開成学校・医学校と改称。明治政府が接収し管轄下に入りその際、明治政府
により3つの学校の総合学園構想案が出された。本郷湯島の博物展や万国展の催しに、
触発された者らの 成長からであろう。
31 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 09:53:59.66 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・28

 統合のこの案は、1869年に実行され、本郷湯島に所在する昌平学校を大学とし、神田
に所在する開成学校を大学南校とし、神田和泉町に存在する医学校が大学東校となり、
その後、学問論争が勃発。洋学重視の方針が勝って、国学の大学は一度閉鎖となってし
まう。その後、1877年の西南戦争の勃発時に、残った大学南校、大学東校が統合され、
日本初の大学「東京大学」が誕生した。後に、東大のキャンパスを設ける為に、本郷に
あった前田家の敷地を約3年間整備したのです。前田家の敷地面積は東京ドーム約7個分
と言われています。この残った東大赤門は歴史的建造物で実は赤門はもともと、前田家
の大名屋敷の門であった。前田家というのは、戦国武将で有名な前田利家が初代藩主で
ある前田家は赤門において、その当時の名残が今も残す「国指定重要文化財」である。
正式には「旧加賀屋敷御守殿門(赤門)」文政10年(1827年)に建立されたものです。
こうした 大学の卒業生が花開いたのが大正時代だ。大正時代は、明治と昭和に挟まれ
、14年5ヶ月の短い期間で、大正天皇が即位した1912年7月30日から1926年12月25日まで
を大正時代という。この時代、世界情勢は、ロシアやドイツ、オーストリアなどで帝政
が崩壊した。民主主義思想が台頭し。日本でも西洋化の波がきて「大正デモクラシー」
「女性解放運動」などが発生して、そのファッションや生き方を、大正モダンと呼んだ
。1914年〜1918年には第一次世界大戦で「軍需景気」に沸いたものの終戦で「戦後恐慌
」に陥った。さらに、1923年には「関東大震災」の発生で長い不景気の中に落とされた
。この時要請されたのが理化学研究所である。1913年(大正2年) 高峰譲吉、櫻井錠二
らが「国民科学研究所」構想を唱え、渋沢栄一らがその構想について、議論を行った。
1915年(大正4年) 第36回帝国議会において、衆議院・貴族院の本会議で、科学技術の
発展と振興を願って「理化学研究所創立」が決議された。
32 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 09:55:05.20 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・29

 こうして、1917年(大正6年) 渋沢栄一を設立者総代として皇室・政府からの補助金
、民間からの寄付金を基に「財団法人理化学研究所」を、東京都文京区駒込(現・日本
医師会館・文京グリンコート)に設立。伏見宮貞愛親王が総裁、菊池大麓が所長に就任
。1921年(大正10年)大河内正敏が、3代目所長に就任して英国式研究室制度を、打ち
出した。神奈川県藤沢市の大日本醸造株式会社内に大和醸造試験所を設立し、合成酒の
製造研究を開始した。1922年(大正11年)には研究室制度が発足。主任研究員に大幅な
自由裁量が与えられ、主任研究員は帝国大学教員との兼任を認め、研究室を帝国大学に
設置することを許可した。また、主任研究員が予算、人事権を握り、研究テーマも自主
的に設定。この研究室制度は理化学研究所を活性化したが、費用対効果を考えない研究
費の投入は、たちまち理研を財政難に陥れた。しかし、日露戦争で脚気が流行っていた
事に原因究明とその予防にヴィタミンAを発見、発明し、ビタミンA製剤を「理研ヴィ
タミン」(1938年(昭和13年)として大々的に広告売り出した。こうした商品の収益が
「科学者たちの楽園」を支えた。鈴木梅太郎研究室所属の高橋克己が、長岡半太郎や、
寺田寅彦の助力を得て、タラの肝油から世界で初めてビタミンAの分離と抽出に成功し
ていたのだ。試作品として売り出したところ、肺結核の特効薬との噂まで広まり患者の
家族らが殺到、大河内はその様子を見てこれを製品化することを決断し、鈴木梅太郎の
研究室をせきたてて4ヶ月で製品化させている。既存の医薬品企業と提携せずに理研の
自主生産で「理研ヴィタミン」を販売し、その販売収益により財政難は解消に向かう。
。1924年(大正13年)には、理研の作業収入の8割をビタミンAが稼ぎ出す状況になる
。ビタミンAの1カプセル当りの製造原価は1〜2銭だったが、これを10銭で直接販売し
て暴利を得ていたのである。ここから「薬、糞倍」と批判された。
33 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 10:05:13.86 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・30

 1917年(大正6年)3月に、日本の科学史に新しいページが刻まれて日本の科学技術
の発展に幅広く貢献した「理化学研究所」の誕生であったのだが、財政は苦しかったの
だ。しかし、理研の作業収入の8割をビタミンAが稼ぎ出す状況で理研はよみがえる。
革新的な研究体制を創設して、その後の科学史に燦然と輝く功績を残したのみならず、
新産業などの創成、育成にも多大な足跡を残していく。「理研の三太郎」と呼ばれた、
長岡半太郎(物理学)、本多光太郎(磁性物理学)、鈴木梅太郎(農芸化学)をはじめ
、真島利行(有機化学)、大河内正敏(造兵学、経営者)、寺田寅彦(物理学)、仁科
芳雄(物理学)、坂口謹一郎(醗酵微生物学)、ノーベル物理学賞を受賞の朝永振一郎
(理論物理学)や、湯川秀樹(理論物理学)そして喜多源逸(応用化学)、日本で最初
の女性理学博士の黒田チカ(有機化学)ら、多くの優れた逸材によって成し遂げられた
ものだった。理研が世に送り出した人材と研究成果は、枚挙にいとまがない。理研での
研鑚を積んだ少壮科学者が、全国の主要な大学、研究機関に教授として、あるいは指導
者として分散して根を下ろし、物理、化学の分野の研究と、人材養成に果たした貢献は
絶大であり、また、それによって、わが国の多分野にわたる科学技術の水準を大きく高
めた。その名声は、日本はおろか世界の経済発展の推進力となった。理研が創設された
のは、明治維新からほぼ50年後、日本の科学技術近代化の黎明期に当たる。時あたかも
第1次世界大戦のころで、わが国は富国強兵を旗印に掲げていたから問題だった。それ
までに、大学や研究機関は、東京大学(1877年設立)、京都大学(1897年)、東北大学
(1907年)と、電気試験所(1891年)、東京工業試験所(1900年)、鉄道大臣官房研究
所(1913年)程度であった。それが1916年に大阪市立工業研究所、1917年に理研、1918
年に絹業試験所、大阪工業試験所など産業育成に欠かせない研究施設が相次いで整備さ
れていく。つまり、西郷の建てた学制は、近代義務教育の先駆けで大学を発足させ理研
によってビタミン剤開発を伴いやっと花開いたのであったが、戦争の時代と言う不幸を
背負っていたのである。渋沢栄一が設立した財団法人がもとになって、現在の科学の祖
の理研グループだが、リコーなどもこの流れを引き継ぐ企業でもあった。
34 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 14:57:36.46 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・31

 しかし、こうした科学技術の集結と発展は、日本が資源の無い国と言う決定的不幸を
さらけ出した。ここに陸軍の不運があった。いや陸軍どころか日本の不運であったのだ
ろう。この結果の真実を知るには、日本は1世紀も遅すぎたのである。既に欧州世界は
、その不幸の上で、鉱物資源の争奪戦が起こっていたのだ。鉄やガラスの連続生産にこ
ぎつけた西洋世界は、一世紀早く試行錯誤の上鉄道を走らせ、電信電話を使い、大砲や
戦艦において砲艦外交で威信を保つ事に苦慮していた。日露戦争後欧米社会に取り込れ
て、見劣りするも第一次大戦の戦勝国の席にいた。欧米の中では、今だ奴隷制度旺盛な
中で、有色人種に席を空けたのは、社交儀礼に過ぎなかった。が、日本はアジア開放を
謳い、植民地主義を排除と言う声を止める事が無い。ここに陸軍が頭を下げ、野口尊を
訪ねた理由があった。世界の潮流に乗ろうとする海軍に肩をならべ、日本の大正モダン
ブームと共に訪れた科学技術の研究開発。言わばテクノムーブメントだが、日本で異常
に沸き起こっていたのは理由がある。それは戦争兵器の開発競争である。実はドイツは
そこに活路を視ていた。密かに爆薬性能の向上や、禁止されていた飛行機や戦車の開発
様々な化学兵器、第一次世界大戦の末期に出て来た、石油と鉄の融合は、有機化学に及
び、不可解な電気誘導の完成で、核物理まで伸びる。さしずめロケットエンジンの出現
などは大きなトピックスであろう。今で言えばチャチなものでも、当時は優れた大殺戮
の兵器であり、これらの発展に、共産主義のソ連スターリンと社会労働党のヒットラー
がバトルを演じ、結局は、そうしたものを開発し、国の奉仕に金融の融通までしていた
ユダヤが、結果として疎まれ虐殺されて行ったのである。これらの内情は、日本人には
知れない世界だが、実際に、スペイン戦争によって兵器の強さが試され、戦車開発など
大きな投資に、アメリカのユダヤ資本がドイツに、共産党資本がソ連に投下されたので
ある。
35 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 14:59:07.46 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・32

。そうした中で、欧米以上に競争に徹したのが満州国で、の基盤となった一つが、日窒
コンツェルン(にっちつコンツェルン)であろう。日本科学の祖 とされる野口遵氏に
よって設立された日本窒素肥料(日窒・現在のチッソ)を中心とする、財閥団体だった
。今や戦前の15大財閥の1つとされたが、現実には、戦前に戦争特需が産んだ 単なる
民間の肥料会社に過ぎなかった。しかし、第一次大戦後陸軍は、この会社の方針に感動
して長州閥の威信をかけて相談を持ち込んだ。山県有朋は長州武士だった。明治2年3月
、木戸や西郷に願い出ていた海外留学の許可が下り、西郷の弟・西郷従道とともに渡欧
し、フランス・イギリス・ベルギー・ドイツ・オーストリア・ロシア・オランダを巡遊
し、翌明治3年(1870年)にアメリカ経由で8月に横浜港に到着した西洋を知る人だった
。京都では薩摩藩の倒幕派である西郷隆盛・大久保利通・黒田清隆らと交流し倒幕運動
の徒でもあった。西南戦争で財政が枯渇し経費を節減したため、陸軍内には不満が蓄積
し、西周起草の『軍人訓誡』(軍人勅諭の原型)を陸軍へ配布したり、軍紀の引き締め
を図ったりしている。内閣に参謀を作ろうとしたが、井上馨の反対も有り、西郷従道の
提案で参謀局は独立して参謀本部が成立する運びとなり、この外局になった事が日本を
苦しめた。山縣は1879年から将校十余名と桂を駐在武官や語学研究生として清へ派遣し
、兵役改革を調査をさせ、その報告を受け、1880年(明治13年)11月30日に、天皇に「
進隣邦兵備略表」を上奏する。こうした事で内閣や議会改造を図る、山縣の願いで参謀
本部長の兼任が解かれ、内閣制度創設で内務卿の名称が変わると、第1次の伊藤内閣の
内務大臣となった。しかし、三浦梧楼ら四将軍派、陸軍内若手の月曜会などは、山縣ら
の主導による軍拡に反対しまた、予算上の問題から伊藤と井上が軍拡計画の再考を求め
た。内部分裂を恐れて四将軍派の懐柔を提案したが、山縣らの、軍拡計画は明治26年(
1893年)度まで延期となるなど一向に進まなかったのである。
36 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 14:59:50.00 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・33

 内務大臣になって、地方自治の形成に尽力し、市制・町村制・府県制・郡制を制定し
た。内相就任前から地方制度に関する意見書を政府に提出し、市町村制の公布に際し、
明治20年(1887年)地方制度の編纂委員会で委員長を務め、ドイツのお雇い外国人のア
ルベルト・モッセ、同郷青木周蔵・野村靖らを委員として、ドイツの制度を参考にした
自治制を日本に合うように修正・定着する方針に決めて進んだ。しかし自治を促しつつ
国から地方へのコントロールも行える仕組みは、難題だった。これに取り組み、国から
地方への行政執行命令と国税徴収を通しての規制強化し、中央と地方の関係を構築させ
ようと試みている。しかし、のちに山縣は方針を変え、府県郡制施行で知事と、郡長の
権限を拡大、山縣系官僚が郡を通して町村を統制した。このため、軍と並び地方も山縣
の派閥の根拠地となっていったのである。有朋時代の、明治27年(1894年)になると、
朝鮮では甲午農民戦争が勃発し、宗主国である清と日本の緊張が高まり、伊藤内閣も清
との戦争を覚悟するようになっていく。6月下旬、山縣は釜山から上陸し、朝鮮半島を
北上する戦争計画を立案した。が、陸軍や海軍には受け入れられなかったどころか反対
の案すら出た。7月から始まった日清戦争では、枢密院議長として大本営のメンバーで
あったがしかし、56歳の老齢にもかかわらず戦地に赴くことを希望し、8月8日に第一軍
司令官の内命を受け、9月8日に宇品港を出向して朝鮮半島に向かったのである。この、
日清戦争後は、伊藤が内閣と議会の関係を模索する状態になった。立憲自由党と手を組
み連立を構想し、また松方は伊藤への対抗として大隈重信の進歩党との提携を企ててい
たという政党内閣に変わっていく。しかし、藩閥官僚はこれに強く反発、反政党を貫く
自由主義の山縣を旗印とする派閥を形成していくこととなった。
37 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 15:00:36.92 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・34

 第二次伊藤内閣が倒れる頃、山縣は大山・西郷らとともに軍人最高の地位である元帥
の称号を受けた。これによって、終身現役軍人となる。陸軍の重要人事に伊藤が辞任し
、憲政会の大隈・板垣を後継とする旨を上奏、明治天皇は「伊藤の内閣に大隈と板垣が
入閣する」と考え、これを許可したが、しかし、それは誤解で、悟った明治天皇は山縣
に組閣を依頼したのだった。山縣は大隈らに伝わっている以上撤回は困難。天皇に累が
及ぶとして辞退した。成立した第1次大隈内閣は、閣僚を憲政会党員が占める政党内閣
となった。桂太郎のみが引き続き陸相を務めたくらい。山縣は、政党内閣成立を「明治
政府の落城」と嘆いた。しかし、朝鮮政情がロシア一色になるにつれ、戦争が危惧され
た。明治35年(1902年)ロシアの朝鮮半島への進出が躊躇となる状況となり山縣の別荘
の無鄰菴で、伊藤・桂・小村寿太郎外相とともに対応を話し合う無鄰菴会議が行われた
。が、明確な方針は打ち出せなかった。一方で、桂と山縣は伊藤と政友会を切り離して
解体させることを狙い、明治36年(1903年)桂は辞表を提出した。桂は辞任撤回の条件
として伊藤の枢密院議長就任を天皇に承諾させた。このため、伊藤は枢密院議長に就任
し、政友会総裁を辞任せざるを得なったが、後任の総裁西園寺公望と幹部の原敬が動き
政友会の動揺を防いだため、桂と山縣らの目論見は外れたのである。従来、山縣は陸軍
内で開戦慎重派であった。ここに至って開戦の覚悟を定め結局、ロシアは日本側の供給
に明確に応じず、明治37年(1904年)山縣も参加した御前会議で日露開戦が決定された
。こうして山縣有朋も大本営のメンバーとなる。児玉源太郎参謀次長は、参謀本部主導
の強力な権限を持つ陸軍大総督府を設置する案を提案し、参謀本部(軍令)と陸軍省(
軍政)の対立が起こった。山縣は陸軍省側に立ち、海軍の協力も得て作戦指導のみを、
担当する高等作戦司令部を設置する案を上奏し、天皇はこれを受けて満州軍総司令部の
設立を裁可した。これが陸海軍の別働根拠となっていくのである。
38 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 15:01:39.64 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・35

 その対立が端緒に現れたのが、旅順攻囲戦であった。203高地の奪取を優先させるべ
きとする山縣らと、旅順要塞の奪取を優先させようとする満州軍総司令部の対立が発生
した。山縣は、御前会議の決定を通じて満州軍総司令部にしつこく方針転換を促したが
、聞き入れなった。その為満州軍が二〇三高地奪取に転じるのは第三回総攻撃が失敗し
た後のことであった。旅順要塞の陥落と、日本海海戦勝利により戦争の大勢は日本優勢
で決したのだが、一方で、12月05日に桂首相は、政友会の原敬と議会での協力の代わり
に戦後に政権を譲る。という密約を結んでいたのだ。これは山縣に無断で行われたもの
であり、山縣系の閣僚である清浦奎吾農商務大臣や寺内陸軍大臣にも伝えられていなか
った。明治38年(1905年)3月に、参謀本部の意向を受け、ウラジオストク、樺太など
の占領を含めた積極的作戦方針を上奏する。しかしこれは閣議において否決されている
。7月頃には満州で巡視を行い、多数の死者を弔う事で停戦から日露交渉に合意した。
ポーツマス会議が行われた8月には体調を崩し、椿山荘で療養に努め。秋に伊藤から、
桂内閣と政友会の密約を知ることになる。しかも、桂は弁明せず、平田東助前農商務相
を通じて弁明した。このことで山縣の怒りは頂点に達した。驚いた桂は11月中旬に自ら
山縣の元を訪れて弁明し、山縣も政友会にではなく「侯爵西園寺公望」に政権を譲ると
いうことで了解した。12月には参謀総長兼兵站総監を辞任している。こうして、西園寺
公望の内閣が発足する。ポーツマス条約締結後の1905年12月20日に内閣総辞職を決意、
後継に西園寺総裁を奏請する。翌1906年1月6日、元老会議の承認を経て、明治天皇より
西園寺総裁に大命降下、7日に内閣が発足する。がここで又日本のシンギュラリティが
起こっている。つまり、この混乱期に鉄道王ハリマンが訪れていたのである。ハリマン
の要点はただ一つ、満州鉄道の共同経営である。この共同経営案はポーツマス講和会議
の日本の講和団の小村寿太郎に連絡されないまま、仮承認された。しかし、この承認の
知らせを受けて、ポーツマス講和は終結した。正に電信の恐ろしさである。
39 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 15:10:13.25 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・36

 日露戦争は、実はロシアにとっては惨憺たる結果だった。ただ一つも、勝つ事はなく
、1905年5月の、対馬海峡の日本海海戦で史上最悪の敗北を喫しあらゆる点からみて、
ロシア側に、譲歩を強いられるはずだった。しかし、セルゲイ・ウィッテ率いるロシア
代表団は、断固たる立場を貫き、驚くほど日本側の要求をほとんどを拒否して終わった
。日本は、戦争継続のための人的、物的資源があまり残っておらず、敗北させた相手へ
の要求を控えめにせざるを得なかった事情はあったが、ロシア側も多くの死人と食糧・
弾薬を浪費し、国内事情を、悪化させていた筈だ。交渉結果は、ロシアは、朝鮮半島に
おける日本の「占有権」を認め、旅順と大連の遼東半島南端部の租借権を日本へ譲渡し
、サハリン島の南部を割譲した。元々日本は全島を主張してなかった。極東方面ロシア
の海軍力の制限、および賠償金支払いも、一切拒否し「誰一人も、これほどロシアにと
って、これほど好ましい結果は期待していなかった。世界中の人々がこう言い。これは
、1年以上続き敗北が相次いだ戦いにおける、ロシア初の勝利だ。」と。ウィッテは後
に回想録に、日本側はセオドア・ルースベルト米大統領が親日的であると思っていたの
で、交渉の仲介を了承したが、交渉が進むにつれて、米大統領は、日本の要求を、全て
拒否し、太平洋地域で「日出づる国」が強くなっては、米国にも脅威をもたらすと懸念
し介入した。と分かった。と書く。ルーズベルトは条約がより控えめな条件でまとまる
ように貢献したのである。ポーツマス条約締結を受けて、日本では日比谷焼打事件の様
な大規模な暴動が起きた。自分たちが勝ったのに、サハリンの北半分も獲得できず賠償
金もまったく獲れなかった。この戦争で日本経済に甚大な死傷者と出費を強いたが結果
が無く不満だったのだ。しかしロシアも、条約で外交上の成功だったが、軍事的国際的
な威信を失墜させて、常に北の隣国を恐れてきた国は、当時弱体化していた中国でさえ
も、ロシアを「絵に描いた龍」とし、ロシア外交政策のベクトルを東から西にシフトし
、ヨーロッパに集中していく事になったのだった。
40 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 15:13:23.48 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・37
41 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 15:14:06.00 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・37

1906年山縣は元老として「帝国国防方針案」を明治天皇に上奏した。日露戦争後の日本
の国防構想を、側近の田中義一歩兵少佐に起草させた。天皇は参謀本部と海軍軍令部に
検討するよう求め、山縣の案は軍事官僚組織の検討により公的性格を帯びることとなる
。両部局や政党は、検討の後に上奏し、さらに天皇も、自らの最高軍事顧問組織である
元帥府に検討を求めた。 1907年4月19日、元帥府会議は下げ渡された「日本帝国ノ国防
方針」「国防ニ要スル兵力」「帝国軍ノ用兵綱領」のすべてを「至当ノ策」と認定し、
上奏した。ここに、統帥の最高責任者である天皇が承認した「軍事方針」が確定した。
第一次大戦で、ロシア革命でボリシェヴィキ政権が樹立されると、国内外からシベリア
出兵が唱えられた。これに対して山縣はアメリカの協調出兵提議をとりつけるまでは、
慎重論を崩さなかった。ウィルソンに対しては「アメリカも、帝国主義のもと併合を行
ってきたではないか」と懐疑的だった。「第一次世界大戦を通して大国となるであろう
アメリカから疑念を持たれるような政策をとってはならない。」というのが山縣の持論
でもあった。この頃までに日本は著しい経済成長を遂げており、国内総生産は明治18年
から大正9年(1920年)までに、3倍に成長し、大戦景気に沸いた第一次世界大戦後に
、債務国から債権国へ変わる。輸入超過国から輸出超過国へと転換したのだ。さらに、
戦勝国として南洋諸島のドイツ権益を引き継ぐなど日本の国際的地位も上昇した。大正
7年(1918年)、米騒動に対処できなくなった寺内首相は辞任、山縣は西園寺を首相に
推す。しかし西園寺は拝辞し、政友会総裁となっていた原敬を推薦した。山縣も、これ
を承認せざるを得ず原内閣が成立した。しかし、原内閣成立後は次第に原を評価してい
くようになる。大正8年(1919年)の1〜2月にかけてスペインかぜに罹患し、死の淵を
さまい回復している中で大正9年(1920年)には東京市電争議や八幡製鉄所争議を解決
した手腕を、新聞でみて「どうも原は偉い」と評価しているのだった。
42 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 15:18:53.62 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・38

 この山縣が、野口哲学にほれ込んで白羽の矢をたてた。というのも、これまで多くは
、ニシンやサバなどの魚粉や骨粉が植物肥料だったのが、鉱石による化学肥料を売りに
していたからだ。陸軍が話を持ち掛けた頃、密閉容器中のカーバイド粉末を通電した、
炭素電極で加熱し、窒素ガスの接触反応で約24時間ほど容器内に寝かせた断続式石灰
窒素製造法で製造に成功していた。ドイツで1901年に製造開始されていた生産効率が悪
い製造法だったが、ハーバー・ボッシュ法はまだ実用化されていなかった。しかしなが
ら、世界で初めて連続的生産方法を開発し、製品化にこぎつけていた。石灰窒素事業は
必ずしも順調ではなく、製品の窒素含有量が少ないなど技術的課題も多くあった。工場
で製造を指導し売るも、創業間もない企業の製品化は苦労は絶えなかった。野口はこの
開発の藤山を押しのけても、悪戦苦闘の末に最初の製品を作り上げた。藤山は日本窒素
肥料を去り、三井の資本で電気化学工業を設立して強力な競争相手となり、再び会社の
経営に行き詰まっている頃だった。
1896年 帝国大学工科大学電気工学科を卒業し、郡山電灯に技師長格で赴任。
1898年 シーメンス東京支社入社し、ドイツ出張を繰り返している
1903年 仙台で日本初のカーバイド(炭化カルシウム)製造事業を始めた。
1906年 曾木電気設立、鹿児島県の大口に曽木水力発電所を開く。後の窒素工業
1907年 日本カーバイド商会を設立し、熊本県の水俣でカーバイドの製造を始めた。
1908年 曾木電気と日本カーバイド商会を合併、日本窒素肥料を設立した。
    水俣工場でカーバイド製造開始。
1914年 広島電灯(現・中国電力)の取締役に就任。中国山地・太田川水系の電源開発
を計画。また東洋コルク工業(マツダ)支援や福屋デパート創業にも参画した。
1915年 宇治川電気の技術顧問、後に取締役就任 1919年 広島市に移住。出雲電気、
広島電灯設立。と続く。大正11年(1922年)山縣有朋は小田原の別邸・古稀庵において
薨去したが、この頃からしきりに陸軍は 野口に接触していた。
43 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 15:19:51.37 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・39

1920年 日本鉱山、五ヶ瀬電力、阿武川水力設立
1921年 イタリアの化学者ルイージ・カザーレから、アンモニアの新しい製造方法である
   (カザレー法)の特許を購入した。
1922年 旭絹職を設立、専務取締役に就任。
1923年 宮崎県の延岡で、カザレー法によるアンモニア製造を開始した。カザレー法の
    実用化を世界初で行った。
1924年 日本窒素肥料の朝鮮半島への進出を決定した。
1926年 朝鮮水電を設立、取締役社長に就任。信越窒素肥料を設立
1926年 朝鮮窒素肥料を設立、取締役社長に就任
1929年 日本ベンベルグ絹糸(現・旭化成)を設立
1930年 朝鮮窒素・朝鮮水電が合併,赴戦江系水力発電所の工事完成,
    新興鉄道、日窒火薬を設立
1932年 京城府本町(現・ソウル明洞)に半島ホテル(現・ロッテホテル)を開いた。
1932年 旭絹織・日本ベンベルグ・延岡アンモニア工業が合併し旭ベンベルグを設立、
    取締役社長に就任、日本窒素肥料社長に就任、長津江水電設立、社長に就任
1934年 朝鮮送電を設立
1937年 朝鮮および満州鴨緑江水電を設立、理事長に就任。東京火薬工業を合併。
1940年 朝鮮鉱業開発を日窒鉱業開発に再編。京城で脳溢血に倒れ、実業界から引退。
1941年 日窒鉱業開発社長として鉱山統制組合に参画。科学振興・朝鮮教育振興のため
    私財3000万円を投じ、2,500万円で野口研究所を設立、500万円を朝鮮奨学会に
    寄付した。 1942年 勲一等瑞宝章を受けた。
1943年 朝鮮水力、朝鮮送電その他を合併し、朝鮮電業を設立。
1944年 1月15日 療養先の静岡県韮山町の別邸にて病没薨去。享年72歳。
44 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/23(金) 15:20:52.77 ID:YJsCzWty 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・40

 日窒コンツェルンは、野口尊(したがう)によって、1906年に創業された曾木電気株式
会社がもとになっているもので、1908年に日本窒素肥料となった。大量の電気が必要な
この方式に、特許権を手にしていた野口は、曽木電気と日本カーバイド商会を合併し、
日本窒素肥料株式会社を設立し、出資の関係から大阪商船社長の中橋徳五郎を会長とし
、野口は専務取締役、藤山常一は常務取締役となっていた会社だった。1909年、水俣に
フランクカロー式石灰窒素工場を建設し、日窒コンツェルンはこの日本窒素肥料を中心
に発展を遂げる。石灰窒素や硫酸アンモニウムの製造によって事業を拡大し、朝鮮にも
進出して巨大財閥を形成し、創業者の名前から野口財閥とも呼ばれた。しかし、陸軍が
頭を垂れて請うたの、何よりも彼の分析力と実行力であった。ダムの近くに工場を建設
し、水力発電によって供給される豊富な電力によって肥料・火薬を製造するという手法
が特徴的で、この姿が台湾に作られる頃、大陸朝鮮に引きずりだしたのだ。朝鮮南部の
興南に世界屈指の化学コンビナートを作り続け、朝鮮半島北部の水資源にも注目して、
鴨緑江周辺の開発を行い財をなした。かつて満州鉄道と陸軍のせめぎ合いの中では充分
すぎる収益が上がっていたにも関わらず、陸軍が接収して満州国を樹立した大きな訳は
、このテクノムーブメントの科学的発展の見地からの、日本の採算性であった。農業の
資源はもとより、エネルギー資源すらも貧困な日本では、到底立ち行かぬ欧米の巨大な
化学技術に近づく為だった。ここに野口の知見を元にダム開発に乗り出し、惜しみなく
陸軍は財力も労働力もつぎ込んだ。敗戦によって主要拠点の朝鮮をはじめとする資産の
80%を失い、財閥解体を前に日窒コンツェルンは崩壊したが、その流れは現在のチッソ
や旭化成、積水化学工業、積水ハウスなどに引き継がれてた。又今や存在を消した満州
国の建設も、実はこのダムから引かれた電源開発が、いち早い映画産業、ホテル産業、
更には鉄道輸送の高速快適化を知らしめる財力を産んで成功させていた。
45 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/24(土) 08:47:30.35 ID:fnpN+Ruz 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・41

 前述の日産コンツェルンを起こした鮎川儀介は、東京帝国大学機械科を卒業したにも
かかわらず、学歴を隠して一職人として鋳物工見習いとして働き始めている。その理由
は、機械化には鋳物の技術が欠かせなかったからだ。彼は、その後、日本国内では飽き
足らず、アメリカの鋳物工場にまで行って高度な製造技術を学び、帰国後に戸畑鋳物を
興してから自動車製造に乗り出し、後の日産コンツェルンの基礎を築いている。この、
鮎川儀介の簡単な創業エピソードからもうかがえる通り、自動車一つ作るのにも当時の
日本国内には、多くの技術不足があり、この不足しがちだった様々な要素技術が必要で
、しかも安定して量産できなければ意味がなかった。当時の陸軍の一部には、こうした
リアリティが徹底的に欠けていたことがこの満州国建設の大きな要因と失敗だったと言
える。しかし、それでも、世界は既に戦争に拍車をかけるべく、共産主義vs社会主義の
対立が幅広く行われていた。1932年3月1日に満州国建国が宣言され、建国宣言が
発表されたが、この1932年は、何とも、世界中が第二次世界大戦に引き込まれ行く
シンギュラリティな米国論の頂点でもある。日本の関東軍は錦州(中国北東部)を占拠
し、北京に接近して上海閥の蒋介石に大きく危惧されている。中国では光緒34年(1908
年)に光緒帝が崩御し、翌日に西太后も病没した。幼帝の宣統帝が即位、宣統帝の父の
醇親王載が摂政として政権を担当するが、袁世凱将軍の排除で政界での状況は一変する
。醇親王は戊戌変法で兄光緒帝を裏切った袁世凱を憎んいた。宣統元年(1909年)の年
初に袁世凱を失脚させ、さらに袁世凱を殺害する計画も作った。が、内部情報を得て、
かろうじて北京を逃れた袁世凱は。全ての職を失い、河南省彰徳府近くに居を構え失意
の日々を過ごすした。宣統3年(1911年)辛亥革命が勃発し。華中・華南では革命派が
優位となり情勢が変わる。朝廷内の満奸貴族らも袁世凱のほかにこれを鎮圧できる人物
はいない。と清朝の第2代内閣総理大臣、湖広総督に任命し、反乱軍の鎮圧を命じた。
袁世凱は部下の段祺瑞・馮国璋らを鎮圧に向かわせつつも自らは動かず、一方で革命派
と極秘に連絡を交わした。とされる。
46 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/24(土) 08:52:22.15 ID:fnpN+Ruz 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・42

 精力絶倫の袁世凱は、評判が悪く。1914年(民国3年)、第一次世界大戦が勃発する
と、中立をいちはやく宣言して、日独英へ山東半島に、交戦区域設定して、通告する。
が、ドイツは膠済鉄道を物資補給に利用していて、接岸の兵の糧を得ていた。日英同盟
を理由として、日本は交戦に踏み切り、この鉄道を占領し、交戦区に乗り入れへ影響が
及んだ。日本は戦時国際法上の管理下としたが、袁世凱はドイツ租借地等の権益の中華
民国政府の帰属だ。と対立し、ドイツ利権の返還を求めたが、受け入れられなかった。
1915年、日本から対支21ヶ条要求の権益・法益保護問題の交渉を求められた。この日本
政府との直接交渉に応じた袁世凱は、情報を諸外国にリークして国際世論に訴えたり、
交渉において遷延策を講じたりなどで交渉阻止を図った。が、しかし5月9日、袁世凱は
承認して、対支21ヶ条要求の受諾に至る。受諾後も諦めず、懲弁国賊条例(教令 第115
号)を公布し、外国人と借家等を含む商工契約を行い、自国の利益を優先させない者に
対して銃殺刑に処す。とした。外国人に対する差別的な扱いを法令化して、対支21ヶ条
受諾の効力を空文化させるなどした。袁世凱の死後、彼の部下であった馮国璋・徐世昌
・段祺瑞などが相次いで政権につき、北京政府は対外的な中華民国の正式政府として、
かろうじて存続する。が、いずれも大陸全体をまとめる力を持ちえずに各地方を根拠と
する軍閥割拠に突入した。蒋介石の北伐が終了するまでの、10年余りこの状況が続く。
中国五摂家とよばれた蒋・王・孔・陳・宋・では、この頃に縁戚関係を持ち、四大家族
となった蒋介石・宋子文・孔祥熙・陳果夫・陳立夫兄弟の一族に。中華民国期の、政治
・経済の実権が握ぎられた。この四家の「姓」を取って蒋宋孔陳と呼んだ。四大家族は
、中華民国期前に蒋・宋・孔家は血縁関係を持ち、宋子文の姉の宋靄齢は 孔祥熙夫人
であり、妹の宋美齢は蒋夫人になり、蒋介石・宋子文・孔祥熙は互いに義兄弟の関係に
ある。姉の宋慶齢は孫文夫人であり、彼らは孫文とも義兄弟の関係という間柄という事
になる。唯一、陳家は直接の血縁が無い様に見えるが蒋介石と陳其美は義兄弟の契りを
交わしていて先々代の縁戚でもある。陳其美の兄の陳其業の子、陳果夫・陳立夫も特に
秘密警察や特務関係で力を持った。
47 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/24(土) 09:02:59.26 ID:fnpN+Ruz 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・43

 問題の、正統政庁の清は、成宗ドルゴン=愛新覚羅多爾袞は1650年に、成宗義帝と追
号された。その子、保慶帝愛新覚羅溥儁は、1899年に、帝位につけられたままで退位は
していない事だった。日本政府は、満州国の傀儡政府に、愛新覚羅溥儀を皇帝として、
満州国の元首として祀る。1932年3月1日に帝位に戻った事は、蒋介石の恐怖であ
った。そこで、急速に蒋介石夫人は アメリカに渡りをつけ、ヘンリー・スティムソン
米国務長官婦人と会談し、中国援助を頼みこんだ。米国は待ってましたとばかりに応じ
て触手を伸ばし、記録映画を作り米国の国民世論を盛り上げる事で合意した。スタジオ
も無い中国に、上海空爆を提示した。当時のアメリカ政府、つまりネオコン達は既に、
欧州に多大なる投資をして、対ドイツ戦略が整っていた。しかし国民がなびかない。日
本はそうした中で、ロシアに不可侵条約、ドイツに友好条約で近づいていて欧州戦争に
加わるチャンスと捉え、かくして、自国への上海空爆が撮影隊と共企画されていくのだ
た。こうして満州占領を非難する「スティムソン・ドクトリン」を発表されたのも、こ
の年だった。つまり、既に欧州はアドルフ・ヒトラーが台頭していた。1928年5月20日
、ナチ党として初めての国会議員選挙に挑んだが、黄金の20年代と呼ばれる好景気に沸
いていた状況であり、支持は広がらず、12人の当選にとどまった。この間にヒトラーは
ドイツ国民でなく選挙に出てない。1929年の世界恐慌によって、急速に景気の悪化した
ドイツ経済に、街に大量の失業者が溢れかえり、社会情勢は不安の一途をたどっていく
。さらにヤング案への反発がドイツ社会民主党(SPD)政府への反感の元となった。
ヤング案とは、第一次世界大戦の賠償金返済を緩和する新たな賠償方式で、1924年成立
のドーズ案のドイツの負担をさらに緩和した物だった。しかしヤング案発効は世界恐慌
へ導くものだった。1932年ローザンヌ会議において、賠償金はさらに今後30億金マルク
に減額された。しかし、欧州経済を支えてきたドイツ経済は疲弊していて、国内では、
フーゲンベルク率いる国家人民党、鉄兜団や全国農村連盟、国家社会主義ドイツ労働者
党(ナチ党)など、ヤング案は「ドイツ国民奴隷化法」だと反発して反ヤング案闘争を
開始していた。ドイツは既に合衆国資本で支配されていて、国民投票が行われた結果、
94.5%の圧倒的多数の賛成によりヤング案は批准された。
48 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/24(土) 09:03:42.46 ID:fnpN+Ruz 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・44

 条約では、「ドイツは1988年までの59年間、年賦の形で支払う。毎年利子とドーズ債
の、元本支払を含めた平均20億5千万ライヒスマルク相当を外貨によって支払う。1930
年は17億ライヒスマルクで、その後21億ライヒスマルクとなり、1966年以降は16.5億
ライヒスマルクとなる。実際の支払は遅滞した。ローザンヌ会議で賠償債務は減額され
た。日本は賠償支払を受ける国の一つで、ベルギーを舞台にしたスパ会議(1920年)の
決定により、賠償支払のうち0.75%を受け取っていた。ヤング案においても初年度には
1250万ライヒスマルクの支払を受ける権利を持っていたが、サンフランシスコ平和条約
第8条C項により、対独賠償請求を放棄している。なお、スパ会議で決まった各国の分配
率は、フランス52%、イギリス22%、イタリア10%、ベルギー8%、ユーゴスラビア5%
であった。欧州の戦勝国が復興のために米国から輸入した支払の相当額は、中央同盟国
に対する賠償債権を裏づけとしていた。ヴェルサイユ体制で、従属させようとしていた
バルカン半島の諸国では、世界恐慌の兆しを感じて自律志向をするようになって、放置
すれば列強各国の利権が交錯する「ヨーロッパの火薬庫」へ逆行する状況となっていく
。日本・イギリス・フランス・イタリア・ベルギーの五カ国は東方賠償問題が二度のハ
ーグ会議においても進展しないことに我慢がならなかった。翌年、ナチスによって支払
いは一方的に拒否された。この恐慌で、ヴェルサイユ体制は動揺していく。1934年に、
バルカン友好同盟(トルコ・ギリシャ・ルーマニア・ユーゴスラビア)が組織された。
アレクサンダル1世とルイ・バルトゥー暗殺事件が起こり、フランスがパウル・ファン
・ゼーラントを介してアメリカへ接近していった。この時にオプタン・オングロア問題
とは、おおよそ次のようなものである。「第一次世界大戦後、東欧諸国は土地再分配の
ため農地改革を行ったが。ルーマニアでの元地主に対する収用補償額は農地法で地価の
1%しか認めなかった。そこで、ハンガリーはトリアノン条約を根拠に公正な補償額を
払うよう主張し紛糾した。ルーマニアでは、内外人平等の原則を理由に、両国混合仲裁
裁判所で争う。この紛争は、解決されないまま、二度のハーグ会議にも託され、しかし
膠着状態にあった。そこで例の五カ国が三項目の妥協案を示した。
49 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/24(土) 09:05:31.55 ID:fnpN+Ruz 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・45

 @問題解決のため関係各国が二個の基金を設定する。A五大国は上基金の資金に充て
るためハンガリーに対する賠償債権を放棄する。Bさらに英仏伊三国は一定額を拠出し
て上の基金を補助する。(『東方賠償問題関係諸協定の概説』 第1版 昭和6年9月23日)
この、東方賠償問題の進展により1930年に成立した協定を列挙すると、オーストリアの
賠償債務を免除するものが出来て。このブルガリアとの協定も。チェコスロバキアとの
協定も成立した。債権国間の取極およびハンガリー関係諸問題に関する仮協定も、署名
された。この仮協定は、ハンガリーの賠償問題とオプタン・オングロア問題の解決を、
大綱として定めたものである。後日パリで専門委員会が大綱を修正・具体化、4月28日
確定案文を作成、関係国代表の署名を得た(前掲書12頁)。協定は、1930年1月ハーグ
で行われた会議で、ボリス3世のブルガリアが連合国と協定し、同年に恐慌の憂き目を
見た。協定は同月20日付で14条と最終条項から成る。オスマン債務管理局にさかのぼり
、または、関係する債権債務関係を整理した。協定原本は一通で、フランスが批准書と
寄託調書の認証謄本を署名国へ一通ずつ送っている。1936年10月付で原嘉道が日本語訳
を中央大学に寄贈しており、現在も同大学に所蔵されている。文言に、国際決済銀行が
登場するので、この協定はヤング案と不可分である。
第一条 債権国は1923年3月21日の議定書により定められたブルガリアの賠償債務の
    乙種部分を放棄する。なお、イギリス・フランス・イタリアは占領軍に関する
    自国の請求権中の未払いの残額を放棄する。
50 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/24(土) 09:06:39.18 ID:fnpN+Ruz 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・46

第二条 債権国は下記の支払表に定められた金フラン(ヌイイ条約第146条で決められ
    たもの)による年金を、本日に至るまで未払いであったブルガリアの賠償債務
    の甲種部分全額の弁済として受諾する(支払期日の細則は省略した)。
      1930年4月1日 500万金フラン
      1930年4月1日から1940年3月31日まで 1000万金フラン十回
      1940年4月1日から1950年3月31日まで 1150万金フラン十回
      1950年4月1日から1966年3月31日まで 1251万5238金フラン十回
第三条 前条に定められた年金は無条件の債務を構成すべく署名国は。今後ヌイイ条約
    第122条の適用を放棄する。ただしブルガリアは1926年6月10日に国際連盟理事
    会により承認された財政計量に従い、1926年7月23日の賠償委員会決定により
    設けられた振替停止手続の適用が必要なときは要求することができる。年金は
    、1923年3月21日および1928年9月24日の議定書により1923年3月21日の支払表
    の年金に振り当てられたものと同一の特別担保が付与され(モーゲージ)、
    国際決済銀行に交付されるクーポン付きの債務証書によって表示される。
    ・・・・・(後段略)
第四条 (ブルガリア国立銀行が前条に従う主旨)
第五条 賠償委員会およびブルガリアの(中央)同盟国国際委員会に与えられた権利・
    権限は、必要な範囲で国際決済銀行へ移転される(移譲手続は専用の委員会を
    設けて方法・期日を決めさせるが、ブルガリアや賠償委員会だけでなく、でき
    ればそこへ国際決済銀行からも代表を出したいとしている)。
第八条 ブルガリアは、オスマン帝国の債務で自国の負担する部分について規則的な
    償還利払をなすため必要な取極を、本協定から半年以内に締結し、かつその
    取極による債務を遅滞なく弁済すること。
51 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/24(土) 09:07:40.88 ID:fnpN+Ruz 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・47

 この年に、インドの植民地政府が国民会議派を非合法化し、マハトマ・ガンディーら
指導者として逮捕されたが、同じように、ドイツは、第一次世界大戦の 賠償金358億マ
ルクの支払不可能を宣言した。又、日本海軍陸戦隊と中国19路軍が上海で衝突し第一次
上海事変が起こっている。これらは全てに「窮鼠猫を噛む」。と言う状態で、弱かった
者たちの反乱である。前述に『東方賠償問題関係諸協定の概説』の一部をわざわざ書い
たのは。ここに重要な西洋のテーゼが埋まっているからである。それはコミュニティー
への入場あるいは入会と言うシナリオである。我々日本人は、単一民族化、つまり大和
民族として、約3千年間も同化してきているので、あまり気にならないだろうが、ここ
で話されるブルガリア問題は、実は大きな問題で、ルーマニアやハンガリーは一次大戦
前に、既に戦争に負けて賠償金問題や領土割譲問題が溢れていたのである。即ちこの地
は、中東のアラブ民・ペルシャ人・エジプト人・インド人がひしめき、更に中国人や、
イスラムの奸族や中央アジアの騎馬民族、更にウラル民、ユダヤ人、ロシア人といった
中に、ギリシャ人やフランス人、イギリス人北欧人と、さまざまが交差する民族地帯で
あった。当然育ちも宗教も、道徳も規範も考え方も違っていたのである。この年に日中
問題の調査のため、国際連盟のリットン調査団が来日した。だがそれは満州国の建国が
宣言される日に重なってしまう。リンドバーグ愛児誘拐事件。三井財閥総帥・團琢磨の
日本橋の三井本館前で血盟団員による射殺事件。フランス大統領ポール・ドゥメールの
暗殺事件。五・一五事件。内閣総理大臣犬養毅が襲撃、殺害。こうした暗いニュースが
続く中、チャールズ・チャップリンが初の来日し大騒ぎになった。しかし、世界恐慌は
続き、6月には、ダウ平均株価が1929年9月3日の381.17の1/9以下になり、世界恐慌の
期間中の最安値を記録したのだ。こんな中1932年アメリカ合衆国大統領選挙が行われ、
戦争狂人フランクリン・ルーズベルトが、現職のハーバート・フーヴァーを破っての初
当選にこぎ着けた。
52 :
神夏 純一郎(主)
2022/09/25(日) 00:18:14.10 ID:ZgHhD6Hh 通報
 シンギュラリティな米国論の行末・・・49

 リットン報告書が公表される頃には、イラクがイギリスの国際連盟委任統治から独立
し、日本は、満州経営に満州開拓武装移民団第一陣 416人の日本人を出発させている。
日本でも労働党や社会党、共産党と立て続けに共闘の政党が発足し、赤色ギャング事件
として日本初の銀行強盗事件が起こっている。つまり明治が持ち続けてきた徳川幕府の
治世なりで育んできた、日本流の平和主義、勧善懲悪を、西洋化と共に無くしてしまっ
た年であったのある。それは、他の国も同じにヒステリック経済でイギリスインド空軍
が発足し、ブロック化経済と共にブロック化した軍事同盟がまさに起こっていたのだ。
これまで自由主義自由貿易による開港や寄港を迫り、砲艦外交によって国の形のない所
や土地は、自由の新天地として受け入れろと迫った思想が、突如として、我々は自立の
一つの経済圏だ。と言い出したのである。締結されたオタワ協定に基づいて、各国成立
した特恵関税制度は、多くはアメリカやイギリスが相手で、売買自由と言うものだった
が、ここで他国には関税による制限がなされた。第2次世界大戦前はイギリス帝国特恵
関税制度と呼ばれ、初の経済ブロックとしてのイギリス帝国の強化を目的に域内の関税
を低減ないしは撤廃すると同時に,域外に対しては関税障壁が引上げられたのである。
しかし、これが日本に及ぶとまだ日本人は思ってなかった。国会でも歴史教科書でも、
あまり重要視されていない。だが、既にこれに応じて、日英同盟の切り崩しが図られ、
サミエル商会のシェル石油の油井は英国海軍に接収されていく。日曹コンツェルンは、
中野 友禮(なかのとものり)が、1920年に創設した日本曹達がもとになった昭和時代の
稀の新興財閥です。中野は大学時代に食塩電解法によるソーダ製造の特許を取得して、
その技術を元に会社を設立、ソーダ生産企業を 次々と傘下におさめて事業を拡大して
いきました。1930年代になると、急速な成長の反動から、借入金の増大などにより業績
が悪化、中野は退陣することになり、戦後にGHQの指令により解体されました。現在
も、日本曹達は会社として継続しており、ほかにも興人、三菱伸銅などが流れを引き継
いでいます。現在事業を継承している会社は日本曹達、大平洋金属、興人(三菱商事グ
ループ)、日曹金属化学、日曹油化工業(丸善石油化学グループ。現在は丸善石化に合
併)、三和倉庫(日本曹達グループ)、三菱伸銅(三菱系列・現在は三菱マテリアルに
合併)など。
100KB

新着レスの表示

★スマホ版★■掲示板に戻る■全部前100次100最新50

名前:E-mail: